AGA対策

【ドクター監修】20代のAGAは治る?20代から行っておきたい対策も紹介

20代のAGAは治るのか
監修ドクター
高田弘弥
日本医科大学形成外科学教室・抗加齢予防医学講座教授 医学博士・工学博士
【略歴】京都大学大学院工学研究科,名古屋大学大学院医学系研究科修了後,イギリス・ウォーリック大学,フランス国立科学研究所へ留学,日系化粧品会社所長代理・フランス系化粧品会社マネージャを経て,2018年より日本医科大学付属病院形成外科講師,現在同教授
【受賞歴】第11回世界毛髪研究会議(国際毛髪会議)最優秀賞(口頭発表部門),バルセロナ(スペイン),2019年など

もしあなたが20代にも関わらず、「前頭部の生え際が後退したような気がする」「髪が薄くなってきたと感じる」という場合、男性型脱毛症(AGA)を発症しているかもしれません。

薄毛の多くはAGAによるものであり、アメリカ脱毛症協会によると男性にみられる薄毛の95%はAGAが原因とされています1)。もし20代でAGAを発症した場合、治療をせずに放置していると薄毛が徐々に進行し、将来的に毛髪に大きな影響を与えてしまう可能性があります。では、治療を行うことで20代で発症したAGAは治るのでしょうか?また、20代から行っておくべき対策方法などもあるのでしょうか?

今回の記事では、20代でどれくらいの人がAGAを発症するのか、AGAを発症するメカニズム、20代で発症したAGAは治るのか、20代から行っておくべきAGA対策などをわかりやすく紹介します。

1)Paul J. McAndrews, American Hair Loss Association(アメリカ脱毛症協会)

20代でAGAは発症する?

20代でAGAを発症することはあるのでしょうか?もし発症することがある場合、20代でAGAを発症する人はどれくらいいるのでしょうか?

AGAの発症率

日本皮膚科学会の「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017年版」2)によると、年代ごとのAGAの発症率は以下の通りです。

  • 20代:約10%
  • 30代:20%
  • 40代:30%
  • 50代以降:40数%

これを見ると、20代での発症率は約10%となっており、一定数は20代で発症することがわかります。またガイドラインでは、AGAに関して「日本人男性の場合には20歳代後半から30歳代にかけて著明となり、徐々に進行して40歳代以後に完成される」と説明されています。20代でもAGAになる可能性は十分にあるといえるでしょう。

2)眞鍋求, 坪井良治, 板見智 他, 男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版. 日皮会. 2017, 127, 2763–2777.

AGAの前兆とは?

20代でAGAを発症しているかを確かめたい場合、以下の前兆がみられないか確認してみましょう。

  • ハミルトン・ノーウッド分類の脱毛パターン、M字・O字・U字で薄毛が進行していないか
  • 抜け毛が増えていないか
  • 母方の家系に薄毛の親族がいないか
  • 髪の毛が細く短くなっていないか

上記のいずれかの兆候がみられる場合、AGAである可能性があるので注意しましょう。AGAの前兆については以下の記事でも紹介しています。

AGAの前兆
【ドクター監修】AGAの前兆とは?要因となる行動や対処法も解説AGAとは男性型脱毛症(androgenetic alopecia:AGA)の略称で、薄毛や脱毛の大きな原因です。 AGAはある日...

20代で発症したAGAは治るのか?

20代で発症したAGAは治るのか?

それでは、20代でAGAを発症したとしてAGAは治すことは可能なのでしょうか?それを知るためにも、まずはAGAが発症する仕組みを知っておきましょう。AGAが起こるメカニズムを解説します。

AGAが起こるメカニズム

AGAが発症するメカニズムは以下の通りです。

  1. テストステロンが前頭部、頭頂部に局在する還元酵素である5αリダクターゼと結合
  2. テストステロンがジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンに変換
  3. ジヒドロテストステロンが毛乳頭細胞の受容体である男性ホルモンレセプターと結合
  4. TGF-βやDKK1などの脱毛因子が増加
  5. 脱毛因子によって髪の成長期が短縮化
  6. 細く短い髪の毛や抜け毛が増加しAGAによる薄毛が進行

髪の毛はヘアサイクル(毛周期)である成長期・退行期・休止期を繰り返すことで生え変わります。AGAを発症すると、ヘアサイクルのなかの成長期が短縮化されて、成長しきらないうちに抜け落ちる髪が増え、薄毛が進行してしまうのです。

20代のAGAは治せる?

このような仕組みでAGAは進みますが、20代で発症したAGAは治すことができるのでしょうか?結論から述べると、AGAは治すことができます。

田中洋平先生の論文3)では、2011年から2017年の間にAGAスキンクリニックが18,918人のAGA患者に実施した治療で、すべての患者で有意な改善が観察されています。また、治療開始から6ヶ月および12ヶ月後にはそれぞれ患者の96%、80%が治療の結果に満足していると回答しています。

AGAスキンクリニックの調査でも、97.4%の人が治療を今後も続けたいと回答し、治療の効果についても97%が満足しています。このように、AGAの治療を行えば薄毛の症状に対して、効果を与えることができるのです。

ただ、ここでいう「AGAを治す」とは、症状を完全に治して二度と発症しないようにするということではなく、脱毛を抑え、発毛を継続的に促すことで症状の改善を目指すということです。

3)Yohei Tanaka, Toru Aso, Jumpei Ono, Ryu Hosoi,Takuto Kaneko ,Androgenetic Alopecia Treatment in Asian Men. 2018.

AGAの治療は続けないといけない?

AGAは一度発症すると、ヘアサイクルの短縮が起こり続けます。それを抑えるとともに発毛を促さなくてはなりません。つまり、AGAの治療は継続的に実施しなくてはいけないということになります。

治療を継続すればAGAの症状は改善されます。しかし、治療をストップすると再びヘアサイクルの短縮が起こり、脱毛が進みます。AGAの原因の大部分は遺伝によるものであり、遺伝子をなくすことはできないので、AGAの症状が起こらなくなるように完治させることはできません。

20代でAGAを発症してしまった場合には、20代以降も治療を続ける必要があります。それでは、20代で発症したらすぐにでも治療を始めるべきなのでしょうか?

AGAの治療を20代から始めたほうがいい理由

AGAの治療を20代から始めたほうがいい理由

20代でAGAを発症したら、すぐにでも治療を始めたほうがよいです。その理由は以下です。

毛髪が生えなくなると治療できない

AGAにより毛髪が生えなくなってしまうと、AGA治療によって再び毛を生やすことができなくなります。

AGAの治療は、主に薬を使用して毛母細胞に働きかけることで発毛を促進します。しかし、AGAが進行すると毛母細胞が死滅してしまいます。そうなると、薬を使用しても毛母細胞が働いていないので、毛を生やすことができなくなるのです。

20代は薄毛がそこまで進行していないことが多く、毛母細胞がまだ機能している髪の毛が多いです。AGA治療を早めに始めることで、毛母細胞を活性化し発毛を促すとともに、脱毛を防いでAGAの症状を改善することができます。

AGAが進行してしまい治療ができなくなるという事態を防げるので、20代のうちに早めに治療を始めましょう。

より高い治療効果が期待できる

20代からAGA治療を始めることで、より高い治療効果が期待できます。

ガイドライン2)では、「40歳未満の症例、重症度の低い症例でより高い効果を示した」と説明されています。AGA治療薬を使う場合には、年齢が若く症状が軽いときに治療を始めるのが大事だということがわかります。

AGAの症状が進行していない20代から治療を始めるのがよいでしょう。

治療費を抑えられる

AGA治療を早く始めると、治療費を抑えられる可能性があります。

AGAによる薄毛が進行すると、髪の毛を以前の状態に戻すのに時間も手間がかかります。治療が長期化するだけでなく、治療薬の量や処置が増えることで、治療費が高額になりやすいのです。

また、AGAの治療は内服薬と外用薬を用いて行われますが、症状が進行すると毛根が死滅してしまい治療薬だけでの改善が難しくなります。そのような場合は、植毛などの処置を行わないと髪を生やすことができなくなりますし、植毛を行うには高額な費用がかかってしまいます。

薄毛がそこまで悪化していない20代のうちに治療を始めれば、使用する薬も少量で済む可能性がありますし、薬のみで対応できる可能性があります。

20代から始めたいAGAの治療方法

20代から始めたいAGAの治療方法

では、20代からAGA治療を始めるとすると、どのような治療を行えばよいのでしょうか。ガイドライン2)では、AGAの治療法として以下が推奨されています。

  • 内服薬
  • 外用薬
  • LEDおよび低出力レーザー照射

内服薬

ガイドライン2)では、「フィナステリド」と「デュタステリド」という成分が男性のAGAに対して有用であるとされています。

フィナステリドとデュタステリドは、AGAの進行に関わる5αリダクターゼを阻害する働きをもちます。5αリダクターゼを阻害して、ジヒドロテストステロンが生成されるのを防ぐことでAGAの進行を抑えます。フィナステリドは「プロペシア」という内服薬の主要成分であり、デュタステリドは「ザガーロ」などの内服薬に使用されています。

こういった内服薬は、皮膚科やAGA専門のクリニックで医師から処方してもらいましょう。

薄毛治療に使われる内服薬については、以下の記事で詳しく紹介しています。

医師が手に持ったたくさんの薬
【ドクター監修】薄毛治療の飲み薬とは?その種類と効果を徹底解説! 近年、男性型脱毛症(AGA)の病態解明が進み、薄毛治療に有効な飲み薬が開発されています。これらの薬は、皮膚科やAGA専門クリニックで病...

外用薬

ガイドライン2)では、「ミノキシジル」と「アデノシン」が外用成分として推奨されています。ミノキシジルには血流改善作用や毛乳頭細胞の増殖作用、アデノシンには発毛促進因子の産生を促す効果などがあります。これらの成分を含んだ外用薬を頭皮に塗布することで治療を行います。

ミノキシジルやアデノシンが配合されている外用薬や外用ローションは薬局やドラッグストアなどでも市販されています。育毛・発毛促進成分としてのアデノシンは資生堂が特許を取得しているので、配合された製品は資生堂より販売されています。これらの商品は20代でも購入しやすいので、自分でAGA治療を始めるのに有用でしょう。

ただし、ミノキシジルは一般用医薬品(第1類医薬品ですがセルフメディケーション税制対象ではありません)である一方、アデノシンは医薬品ではなく医薬部外品(人体に対する作用が緩和なもの)です。

AGA治療で使われる外用成分については以下の記事で詳しく解説しています。

AGAの外用薬
【ドクター監修】AGAの外用薬にはどのようなものがある?種類や効果を解説生え際の後退や抜け毛など、男性型脱毛症(AGA)の症状が出てきた場合、外用薬での治療を考える人も多いと思います。外用薬を塗ることで、AG...

LEDおよび低出力レーザー照射

LEDや低出力レーザーなどを頭皮に照射することもガイドライン2)で推奨されています。LEDや低出力レーザーを頭皮に照射することで、毛母細胞の活性化を促し、毛髪の成長因子を増加させることができます。

AGAの治療には、LEDのなかでも赤色LEDが用いられます。赤色LEDは波長が長く、頭皮の奥まで光が届きます。赤色LEDを照射できる装置を用意しているAGA専門クリニックがありますし、自宅での使用のために販売されているものもあります。

LEDは内服薬や外用薬と合わせて利用できますし負担も少ないので、20代でも薬でのAGA治療の効果を高めたいという場合に利用するのがよいでしょう。

非接触振動圧刺激装置

2017年に公開されたガイドライン2)には掲載されていませんが、近年では最新の研究成果を活かした装置も開発されています。

ピクシーダストテクノロジーズと日本医科大学形成外科学教室、Dクリニックが共同で行った研究では、超音波を用いて非接触で頭皮に振動圧刺激を与える技術により発毛を促進することが認められました。その成果を活かし、超音波による非接触振動圧の刺激を与えられる装置を開発しました。

この非接触振動圧刺激装置は、薄毛・AGA治療を行っているDクリニックで試験的に導入されています。この装置は非接触であり負担も少ないので、20代からでも利用することができます。

AGAの治療方法は以下の記事で詳しく紹介しています。

AGAの治し方
【ドクター監修】AGAの治し方とは?その流れや効果を高めるためのポイントを紹介!アメリカ脱毛症協会によると、男性にみられる薄毛の95%は男性型脱毛症(AGA)が原因とされています1)。 前頭部やおでこが広がった...

20代からでも自分でできるAGA対策

20代では、まだ病院に通ったり薬を利用するほどではないという人もいるかもしれません。そんな人でも日常的に自分で行える対策があります。早いうちから行っておくことでAGAの進行を抑えられるかもしれません。

頭皮マッサージ

頭皮マッサージはAGAによる薄毛の改善に効果があります。

Dクリニックの研究では、市販の頭皮マッサージマシンを利用して毎日4分の頭皮伸展マッサージを24週行ったところ、男性の毛径が増大しました。これは、「毛髪の成長をコントロールする毛乳頭へ伝わった力学的刺激が毛周期に関与する遺伝子の発現に影響を及ぼしている可能性」によるものと考えられています。

20代でも頭皮マッサージを行うことで、AGAによる薄毛の予防や改善ができると考えられます。

手でマッサージを行うのもよいですし、現在は頭皮ケア専用のマッサージ機なども多く販売されています。20代でも日常の習慣のなかにマッサージを取り入れるのがよいでしょう。

生活習慣の見直し

AGAの対策として生活習慣を見直すことも大事です。

20代は暴飲暴食や喫煙を行いがちですし、睡眠不足や運動不足になりやすいです。厚生労働省のデータによると、運動習慣のある人の割合は20代が最も少ないことがわかっています。また、「令和元年国民健康・栄養調査結果の概要」では、外食を利用している頻度は20代が最も多いとされています。

このような生活では、頭皮への血行が悪くなったり、必要な栄養が摂取できなかったりして、健康な髪を育てることができません。健康的な髪の毛を生やすためにも、睡眠や食生活、運動、喫煙習慣などを見直すのが重要です。

ストレスケア

AGAを悪化させないためには、ストレスケアも大切です。

株式会社マンダムによると、ストレス指標の高い群ほど、後頭部の毛経が細いこと、毛穴あたりの毛髪本数が少ないことがわかっています

特に20代は仕事や私生活など環境が変わりやすい年代なので、ストレスを感じるシーンが多いでしょう。AGAによる薄毛を進行させないためにも、ストレスをケアしましょう。

頭皮の洗浄

頭皮の洗浄もAGA対策としては重要です。

頭皮に過剰な皮脂や細菌があるとAGAが進行してしまう可能性があります。JHMA日本ヘッドセラピーマスター協会によると、薄毛の人の85%が頭皮に脂が多い、頭皮が乾燥しているなどの特徴があるとされています

また、大正製薬株式会社と明治薬科大学薬学部教授の共同研究では、「トリグリセリド、アクネ菌、マラセチア属菌がAGAの原因や進行に影響している可能性がある」とされており、頭皮を清潔にすることが大事とわかります。

特に20代男性は頭皮の皮脂量が多いので、1日1回は洗髪するようにしましょう。ただ、シャンプーのしすぎや肌に合わないヘアケア用品の使用など、間違った頭皮ケアは逆効果なので注意してください。

20代が行うべき頭皮ケアについては、以下の記事で説明しています。

髪を分ける男性
【ドクター監修】20代のメンズがすべき頭皮ケアとは?薄毛・抜け毛の原因と予防法を解説 20代のメンズであっても、薄毛や抜け毛が気になり頭皮ケアを始める人はたくさんいます。あなたも20代になって、「昔と比べて髪が薄くなっ...

まとめ:20代のAGAは治る可能性が高い

薄毛が初期状態であり毛母細胞も死滅していない20代は、AGAの治療を行うことでAGAの進行を抑え、発毛を促すことで薄毛を治せる可能性が高いです。ただし、治療開始時期が遅れれば遅れるほど、治療が大変になりますし治療費がかさんでしまいます。

20代でAGAの前兆が見られるような場合には、早めに対策を開始するのがよいでしょう。より効果の高い治療を行いたい、自分でどのような対策をすべきかわからないという方はAGA専門クリニックを受診するとよいでしょう。AGAの症例データが豊富にありますし、最新技術なども利用できるので、より確実にAGAの対策を行うことができるでしょう。

SNS

haircare__lab
“髪の健康”をテーマにしたドクター監修のヘアケアメディアです。
最新の技術紹介を交えながら、頭皮・頭髪の悩みをサポートします。

\FOLLOW ME/