AGA対策

AGA遺伝子検査は受けるべき?その内容や必要性、注意点を紹介

AGAの遺伝子検査

「最近髪の毛のボリュームが減った気がする」「親戚に薄毛の人がいる」など、将来AGA(男性型脱毛症)を発症するのではないかと不安に感じている人もいると思います。中には、AGA遺伝子検査を受けるべきか検討している方もいるでしょう。

AGA遺伝子検査ではAGAの発症リスクがわかるのでしょうか?その信頼性は高いのでしょうか?

この記事では、AGA遺伝子検査の概要や仕組み、その信頼性などを解説します。検査を受けられる場所や費用感、注意点などについても紹介するので、遺伝子検査に興味がある方は参考にしてください。

AGA遺伝子検査とは

AGAの遺伝子検査とはどのようなものなのでしょうか?その意味や検査でわかることを説明します。

AGA遺伝子検査の概要

AGA遺伝子検査とは、男性型脱毛症(AGA)を進行させる男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)の感受性を調べる検査です。「アンドロゲンレセプター遺伝子解析検査」とも呼ばれます。

AGAは遺伝によって発症する可能性が高く、男性ホルモン受容体の感受性も遺伝によって決まります。ですので、AGA遺伝子検査を実施することでAGAのリスクを調べられるのです。

親族に薄毛の人がいるかでAGAのリスクを予測することもできますが、それだけでは正確に判断できません。AGA遺伝子検査であれば、母親から受け継いだX染色体の遺伝子情報を調べるので、正確に調査ができます。

AGA遺伝子検査は、一般的には医療機関や専門クリニックで血液を採取することで検査します。口内の粘膜や髪の毛、爪などが検体として使われることもあります。

AGA遺伝子検査でわかること

AGA遺伝子検査では男性ホルモン受容体の感受性を調べますが、その結果以下のことがわかります。

  • 薄毛の原因がAGAかどうか
  • AGAを発症するリスク
  • AGA治療の効果の予測

薄毛の症状を引き起こすものは、AGA以外にも脂漏性脱毛症や円形脱毛症、粃糠性脱毛症などがあります。もし薄毛が進行し始めている場合、適切な治療を受けるためにも薄毛がAGAによるものかを調べなくてはいけません。AGA遺伝子検査では、薄毛の原因がAGAかそれ以外なのかを調べられます。

また、現在は症状が見られない人でも将来発症するリスクを知ることができますし、AGAの治療を行った場合にどれくらいの効果がどれほどの期間で得られるのかも把握できます。

このように、AGA遺伝子検査は原因を明らかにするだけでなく、効率的に治療を進めるためにも有効なのです。

遺伝子検査でAGAがわかる仕組み

遺伝子検査でAGAがわかる仕組み

遺伝子検査では、なぜAGAの発症リスクなどを明らかにできるのでしょうか?その仕組みを理解するためには、まずAGAのメカニズムを知っておく必要があります。

AGAのメカニズム

まず、AGAが発症して脱毛が起こるメカニズムを説明します。以下の流れで、AGAによる脱毛は起こるようになります1)

  1. テストステロン(男性ホルモン)が5αリダクターゼ(還元酵素)と結合
  2. テストステロンがジヒドロテストステロン(男性ホルモン)に変換
  3. ジヒドロテストステロンが毛乳頭細胞の男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)と結合
  4. TGF-βやDKK1などの脱毛因子が増加
  5. 脱毛因子によって髪の成長期が短縮化
  6. 成長期が短縮することで、細く短い髪の毛や抜け毛が増加する

このように、AGAにはテストステロンやジヒドロテストステロン、還元酵素、男性ホルモン受容体が関与していることがわかります。

1)AGAによる薄毛・抜け毛の原因とは?AGAが発症するメカニズムと対策・治療法について解説

AGAが遺伝する仕組み

AGAは遺伝性の脱毛症です。‪Andrew C Heath氏らの論文2)によると、AGAの遺伝率は81%といわれています。では、何が遺伝することでAGAが起こるのでしょうか?

男性ホルモンの一種であるテストステロンの分泌量には個人差がありますが、多いからといってAGAになるわけではありません。AGAに大きな影響を与えているのは、5αリダクターゼ(還元酵素)や男性ホルモン受容体です。

還元酵素の活性度や男性ホルモン受容体の感受性は遺伝します。ですので、これらを計測することでAGAが遺伝しているかがわかるのです。

2)Nyholt DR, Gillespie NA, Heath AC, Martin NG, Genetic Basis of Male Pattern Baldness, J Invest Dermatol. 2003, 121, 1561–1564.

AGA遺伝子検査の仕組み

AGAが遺伝する仕組みがわかりましたが、AGA遺伝子検査ではその仕組みから男性ホルモン受容体のジヒドロテストステロン(DHT)への感受性の有無を調べます。

母親から受け継いだX染色体の中には、男性ホルモン受容体に関する遺伝子情報が存在します。この遺伝子情報は「塩基配列」といわれる規則に従っています。

塩基配列には特定のパターンが繰り返される部分が存在しますが、このリピート数は個人によって異なります。男性ホルモン受容体に関する遺伝子も同様にパターンが繰り返される部分が存在します。それらは「CAG」や「GGC」と呼ばれています。DHTに対する感受性の有無は、この「CAG」や「GGC」の繰り返し回数を調べることで確認でき、これらの繰り返し回数が少ないと発症リスクが高いとされています。

アンファー株式会社の資料には、「CAGリピートとGGCリピートの合計数で発症傾向を判定し、その基準はリピート数38と39を境にして、傾向が高い・低いを判断しています」と記載されています。

AGA遺伝子検査の信頼性は?

遺伝子検査でAGAの発症リスクを調べられることを説明しましたが、一部ではAGA遺伝子検査の信頼性を疑う声も見受けられます。ここでは、AGAの遺伝子検査に関する研究をもとに、その信頼性について解説します。

AGA遺伝子検査に対する研究

現在ではアンドロゲンレセプター(男性ホルモン受容体)遺伝子に関する様々な研究がなされています。

2,074人のAGA患者とAGAを発症していない健常者1,115人を対象とした研究3)では、CAG・GGCのリピート数とAGAの発症リスクの間に関連は認められなかったとされています。

ただ、この研究は白人グループにおいて特に関連が見られなかったというものであり、日本人を含むアジア人については言及されていません。

そのため、日本人に対してはCAGリピートとGGCリピートの合計数でAGAのリスクを判定する検査が有効である可能性はあります。

3)F L Zhou, W Xu, L Wang,Y Wu, Z L Xu, J Y Zhao, Androgen receptor gene polymorphisms and risk for androgenetic alopecia: a meta-analysis. 2011.

フィナステリドの有効性を調べられる?

AGA遺伝子検査を行うことで、フィナステリドの有効性を予測できるという研究もあります。フィナステリドとは、AGAの進行を抑え改善する効果が認められている成分であり、「プロペシア」などのAGA治療薬に含まれています。

佐藤明男先生らの研究4)では、CAGリピート数が少ないほど、AGAに対するフィナステリドの治療効果が高いことが示唆されています。

AGAの治療を始める前にフィナステリドの効きやすさがわかれば、「フィナステリドを使うべきか」「別の薬で治療を進めるべきか」という治療方針を立てやすくなります。効率的に治療を進めたい場合も、AGA遺伝子検査を受けてみるのがよいでしょう。

4)佐藤明男, 小島夕葉, 豊島公栄, 他. 男性型脱毛症のフィナステリド治療効果とアンドロゲン受容体遺伝子CAGリピート多型との相関性. Skin Surgery. 2008.

AGA遺伝子検査はどこで受けられる?

AGA遺伝子検査はどこで受けられる?

では、AGA遺伝子検査を受けたい場合はどこで受けられるのでしょうか?AGA遺伝子検査は医療機関で受けられるほか、遺伝子検査キットを使って自宅で受けることもできます。それぞれについて説明します。

医療機関

AGA遺伝子検査は、AGAの専門クリニックや病院の皮膚科などの医療機関で受けることができます。医療機関では、採血による遺伝子検査だけでなく少量の毛髪を採取して行うミネラル検査や、マイクロスコープによる頭皮の検査など高度な検査も受けられます。

AGAの専門知識をもつ医師による診察やカウンセリングも受けられ、AGAに関するあらゆる悩みを相談できるので安心です。

検査の結果を踏まえた治療法も提案してくれるため、AGAの判断だけでなくAGAによる薄毛の改善もできます。クリニックによっては、最新の研究成果を取り入れた機器による検査・治療が受けられるところもあります。

遺伝子検査キット

一般の通販サイトやAGA専門のクリニックでは、自宅で検査できる遺伝子検査キットを販売しています。

キットでは、郵送されたキットの説明書をもとに毛髪や血液、口内の粘膜などを採取して返送するだけでよいので、医療機関に行かなくても検査ができます。提供元の機関によって異なりますが、検査結果は2週間〜2ヶ月ほどで通知されます。

ただ、キットを使う場合は医師に直接検査してもらえないので、毛髪や頭皮の状態などを踏まえた検査は行ってもらえません。カウンセリングなども受けられないため、不安な点や悩みを相談することもできません。

正しい検査結果を得るために、キットの提供元が信頼できる会社であるかを確認しましょう。

AGA遺伝子検査の費用感

AGA遺伝子検査を受ける場合、どれくらいの費用がかかるのでしょうか?専門クリニックで検査を受ける場合と、遺伝子検査キットを使用する場合の費用感について紹介します。

専門クリニックにおけるAGA遺伝子検査の費用感

ここでは、いくつかのAGA専門クリニックのWebサイトに記載されているAGA遺伝子検査の費用を調査しました。

クリニック名 価格
Dクリニック 20,900円(税込)
聖心毛髪再生外来 22,000円(税込)
新橋ファーストクリニック 21,000円(税込)
駅前AGAクリニック 22,000円(税込)
ガーデンクリニック 19,800円(税込)
新宿AGAクリニック 22,000円(税込)
銀座総合美容クリニック 19,800円(税込)

※2022年8月時点

このように、AGA専門クリニックにおいては20,000円ほどが費用相場となっており、遺伝子検査キットよりやや高めとなっています。AGA遺伝子検査は、希望した場合のみ受けるオプションメニューになっていることが多く、診察や一般的な血液検査とは別で費用が発生するので注意しましょう。

遺伝子検査キットの費用感

医薬品や健康食品の製造・販売などを行っている企業が提供している遺伝子検査キットの費用を調査した結果は以下です。

提供元 商品名 価格
株式会社ディーエイチシー DHCの遺伝子検査 毛髪対策キット 10,120円(税込)
株式会社ハーバルアイ AGAリスク遺伝子検査 21,780円(税込)
あすか製薬株式会社 毛髪ホルモン量測定キット 7,980円(税込)

※2022年8月時点

10,000円前後で購入できるキットも販売されており、AGA専門のクリニックと比べるとリーズナブルな価格帯となっています。

キットの種類によって検査結果からわかる内容が異なるので、費用だけでなく検査の内容もチェックして選びましょう。例えば、あすか製薬株式会社の検査キットは、男性ホルモン受容体の感受性ではなくDHTの量を測定するものなので、アンドロゲンレセプターの遺伝子を調べたい場合は他のものを選んだほうがよいかもしれません。

AGA遺伝子検査を受ける際の注意点

AGA遺伝子検査を受ける際の注意点

ここでは、AGA遺伝子検査を受ける前に知っておきたい注意点を紹介します。

保険が適用されない

AGA遺伝子検査には保険が適用されないので注意しましょう。というのも、AGAはケガや病気とみなされません。AGA治療は自由診療となるため、治療に付随する遺伝子検査も保険が適用されず費用は全額自己負担となるのです。

そのため、遺伝子検査を受ける際は費用が自己負担となることを踏まえた上で検査の方法やクリニックを選びましょう。

AGA遺伝子検査だけでなく血液検査なども受けたい場合は、自費費用を確認して予算に収まるかどうかをチェックするのがよいです。

AGA遺伝子検査後の対応が重要

AGA遺伝子検査の結果が出たら、その結果に合わせた対応をとることが大切です。

AGAの発症リスクが高かったり、すでにAGAを発症していたりする場合は、早めになんらかの対応を行いましょう。AGAは早めに対処することで毛髪の成長期を延ばすことができ、発症したあとの薄毛の症状を抑えることができます。AGAによる薄毛が進行すると、毛髪の量をもとの状態に戻すために長い期間がかかります。その分必要な治療薬の量なども増えてしまうので、費用負担も大きくなってしまいます。

また、AGAによって抜け毛が進行して髪の毛がなくなると、治療薬だけでは薄毛を改善できなくなる恐れもあります。

そのため、薄毛の原因がAGAであるとわかったら治療やセルフケアを始めましょう。AGAの治療方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

AGAの治し方
【ドクター監修】AGAの治し方とは?その流れや効果を高めるためのポイントを紹介!アメリカ脱毛症協会によると、男性にみられる薄毛の95%は男性型脱毛症(AGA)が原因とされています1)。 前頭部やおでこが広がった...

他の検査もあわせて活用

AGAの検査を受ける際は、遺伝子以外の検査もあわせて活用しましょう。他の検査も同時に受けることで薄毛の原因をより正確に判断できますし、AGA治療による身体への影響なども把握できます。

AGA遺伝子検査以外の検査方法としては、以下のようなものがあります。

  • カウンセリング、問診
  • 視診
  • 血液検査

問診や視診は日本皮膚科学会のガイドライン5)でも紹介されている一般的な検査方法です。

血液検査はAGA治療を受ける上で必須とされることが多いですが、クリニックによってはオプションとなっている場合もあります。薄毛の原因がAGAであるかだけでなく、AGA治療薬の使用可否や投薬による副作用のリスクも調べられます。

AGAの検査方法については、以下の記事で詳しく紹介しています。

AGAの検査
AGAはどうやって検査すればいい?受けられる場所、検査の方法、費用などを徹底解説頭頂部のボリュームがなくなってきた人や前頭部が広がっている気がするという人は、男性型脱毛症(AGA)による薄毛が進行している可能性があり...

5)眞鍋求, 坪井良治, 板見智 他, 男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版. 日皮会. 2017, 127, 2763–2777.

まとめ:AGA遺伝子検査はその信頼性を確認しよう

AGA遺伝子検査を受けることで、AGAを発症するリスクや薄毛の原因がAGAかどうか、治療薬の効果などがわかります。効果的な治療の方針を立てたい場合や治療の効果が気になる場合などに利用するのがよいでしょう。

AGA遺伝子検査は多くの医療機関で実施されており、自宅で検査できるキットも販売されています。正確な検査結果を得るためにも、信頼性の高い機関が実施している検査を受けましょう。

AGAの発症リスクが高い場合や薄毛の原因がAGAだと判明した場合は、AGA専門の医師に相談しながら治療を進めていくのがよいです。

SNS

haircare__lab
“髪の健康”をテーマにしたドクター監修のヘアケアメディアです。
最新の技術紹介を交えながら、頭皮・頭髪の悩みをサポートします。

\FOLLOW ME/