AGA対策

AGAはどうやって検査すればいい?受けられる場所、検査の方法、費用などを徹底解説

AGAの検査

頭頂部のボリュームがなくなってきた人や前頭部が広がっている気がするという人は、男性型脱毛症(AGA)による薄毛が進行している可能性があります。自分が本当にAGAであるか、将来的に薄毛がより進行するのか気になっている方も多いのではないでしょうか。

そんな時には、AGAの検査を受ければ、このような疑問を確かめることができます。AGA検査には様々な種類があり費用も異なるので、検査を受ける前に確認しておきましょう。

本記事ではAGA検査でわかることや、AGA検査の種類、方法、費用などについて解説します。

AGA検査を受けたほうがよい人とは

AGAの検査はどのような人が受ければよいのでしょうか?ここで紹介するAGAを発症しやすい人の特徴や初期症状に心当たりがある方は、AGAの検査の受診を検討しましょう。

前頭部や頭頂部の薄毛が気になる人

前頭部や頭頂部に薄毛がみられる場合、AGAを発症している可能性があります。前頭部や頭頂部には、酵素の5αリダクターゼⅡ型が多く存在し、AGAの原因である男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)が生成されやすいためです。

日本皮膚科学会のガイドライン1)では、AGAに関して「前頭部や頭頂部の頭髪が、軟毛化して細く短くなり、最終的には頭髪が皮表に現れなくなる現象」と説明されています。

生え際が後退している方や、頭頂部の髪の毛が少なくなっている方は、AGAの検査を受けてみるとよいでしょう。

1)眞鍋求, 坪井良治, 板見智 他, 男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版. 日皮会. 2017, 127, 2763–2777.

毛髪が細く短くなってきた人

毛髪が細く短くなってきたという人は、AGAを疑いましょう。AGAを発症すると、髪の毛が生えてから抜け落ちるまでのヘアサイクルが乱れ、成長期間が短くなり髪の毛が細く短くなってしまいます。

板見智先生の論文2)では、「毛周期を繰り返すうちに次第に成長期が短縮し軟毛となってくる」と説明されています。

産毛のような毛が増えた、ヘアセットがしづらくなったなど、毛髪が細く短くなっていると感じる場合にはAGAの検査を検討することをおすすめします。

2)板見智, 毛の発育制御機構解明における最近の進歩と育毛剤. 大阪大学医学部皮膚科学教室. 1999, 33-3, 220-228.

薄毛の親族がいる人

親族に薄毛の方がいる場合、将来的にAGAを発症するかもしれません。遺伝はAGAに深く関与しており、薄毛を引き起こす大きな要因とされています。

AGAの遺伝率は81%とされており3)、AGAを発症する要因とみられる関連遺伝子も特定されています。特に、AGAを発症する遺伝子は母親から受け継いだX染色体由来のものであるとされているので、母方の親族などを確認するのがよいでしょう。

薄毛の親族がいる方は、早めにAGAの検査を受けて将来的なAGAのリスクを確認するのがおすすめです。AGAと遺伝の関係性については以下の記事で詳しく解説しています。

agaの遺伝
【ドクター監修】AGAは遺伝するというのは本当?遺伝する人の特徴や進行を遅らせる方法を解説AGAとは男性型脱毛症(androgenetic alopecia:AGA)の略称で、薄毛や脱毛の大きな原因となります。祖父が薄毛など、...

3)Nyholt DR, Gillespie NA, Heath AC, Martin NG, Genetic Basis of Male Pattern Baldness, J Invest Dermatol. 2003, 121, 1561–1564.

AGAの検査はどこで受けられる?

では、AGA検査はどこで受けられるのでしょうか?

AGA専門クリニック

AGAの検査を受けられる場所として一般的なのは、AGA専門クリニックです。

AGA専門クリニックはAGAに特化したクリニックであり、毛髪専門の医師による治療を受けることができます。最新の設備や研究成果が取り入れられています。

AGAの検査では、医師による問診やマイクロスコープを利用した視診、血液検査や遺伝子検査、ミネラル検査など様々な検査を受けられます。精度の高い検査により、AGAのリスクを正確に調べることができます。

AGA専門クリニックでは、複数の検査方法を組み合わせることで、AGAを発症するリスクや改善の見込み、生活習慣の問題などを詳しく調べられます。クリニックによって採用されている検査方法や費用は異なり、独自のオプション検査を実施しているクリニックもあります。

一般病院の皮膚科

一般病院の皮膚科においても、AGAの検査を受けることができます。皮膚科の医師による問診や視診を受けられます。

ただ、AGAに特化しているわけではないので設備が必ずしも揃っているわけではありませんし、最新のAGAに関する研究成果などが取り入れられているとは限りません。検査の後に治療を受ける場合も、治療方法が限られている可能性があります。

湿疹や赤み、かゆみなど、AGAの症状以外の病気の疑いがある場合には、医学的な見地から診断してもらえるので、皮膚科を受診するのがよいでしょう。

自宅で検査キットでも

AGA専門クリニックや皮膚科に行かずとも、自宅でAGAの検査ができるキットも販売されています。

これらのキットは自宅で髪の毛を数本採取・郵送するだけで検査ができます。この検査では、毛髪に含まれるジヒドロテストステロン(DHT)の量を測ることでAGAのリスクを評価してくれます。安価かつ手軽にAGAのリスクを調べることができます。

ただ、医師に診てもらうことはできませんし、AGAだとわかったあとに治療をするにはAGAクリニックや病院を受診しなくてはなりません。近辺にAGAクリニックなどがない場合や症状が出ていないがAGAリスクを調べておきたい、という場合に利用するのがおすすめです。

AGA検査の流れ

AGA検査の流れ

AGA専門クリニックでのAGAの検査は、どのような流れで実施されるのでしょうか?

1.問診・カウンセリング

まずは専門カウンセラーや医師から問診・カウンセリングを受けます。生活環境や身体の健康状態、薄毛の親族の有無、育毛剤の使用歴などをヒアリングされます。不安や悩みを相談することもできます。

日本皮膚科学会のガイドライン1)では、「男性型脱毛症の診断は問診により家族歴、脱毛の経過などを聴き、視診により額の生え際が後退し前頭部と頭頂部の毛髪が細く短くなっていることを確認する」と医師がすべきことの方針が説明されています。

2.視診

次に頭皮や毛髪を確認する視診を行います。視診ではマイクロスコープや拡大鏡、ダーモスコピーなどを利用して、前頭部や頭頂部の細く柔らかい毛がないか、頭皮の状態は正常かを確認します。

ガイドライン1)によると、拡大鏡・ダーモスコピーなどは診断の手助けとなるとされています。なお、視診の際には治療経過を見るために、頭部の写真撮影を行うことがあります。

3.高度な検査

頭皮の状態を確認したら、より詳細な情報を得るために血液検査や遺伝子検査などの高度な検査を行います。

こういった高度な検査を受けることで、AGAを発症するリスクがあるか、投薬をしても問題がないか、体質に合った治療法は何かなどを調べることができます。このようなデータに基づき、AGA治療の必要性や今後の治療方法、使用するAGA治療薬などを決定していきます。こういった検査のなかには、必ず受けなくてはならない検査と、オプションで受けられるものがあります。

AGA検査の種類

AGA検査の種類

高度なAGA検査には様々な種類があります。ここでは、AGA検査で行われる主流な検査方法を紹介します。

血液検査

AGAの検査では、血液を採取する血液検査が実施されることがあります。

血液検査を受けることで、薄毛の原因がAGAかどうかを判断できます。薄毛の原因はほとんどがAGAによるものとされていますが、AGA以外の要因である可能性もあります。その判別をするためにも、血液検査が実施されます。

血液検査では薬の代謝や身体の状態を調べられるので、AGA治療薬を使用できるかも判断できます。薬の成分が体内に留まりやすい場合や、肝臓の機能が低下している場合は副作用のリスクが高いので、使用を避けたほうがよいでしょう。

個人差があるので完全に予測することはできませんが、血液検査では治療効果も予測することができます。

遺伝子検査

AGAの検査には、血液や髪の毛、粘膜などを採取する遺伝子検査があります。遺伝子検査では、患者がAGAを引き起こす遺伝子を持っているか、将来AGAになりやすいのかを調べることが可能です。

AGAの遺伝子検査は、アンドロゲンレセプター遺伝子解析検査というものが行われることが多いです。これは、AGAの発症に関係している受容体であるアンドロゲンレセプターを観察し、特定の塩基配列の長さを調査することで、ジヒドロテストステロン(DHT)による作用が起きやすいか判断するものです。

アンファー研究所の研究では、アンドロゲンレセプターの感受性には個人差があり、この差によってAGAの薬剤の効きやすさが異なることなどを明らかにしています。

アンドロゲンレセプター遺伝子解析検査によって、患者がAGAになりやすい遺伝子を持っているかだけでなく、AGA治療薬であるフィナステリドの効果が現れやすいかなどを調べられます。

AGA検査の費用感

AGA検査を受けるにはどれくらいの費用がかかるのでしょうか?AGA検査の費用感を確認していきましょう。

クリニック 血液検査 遺伝子検査
Dクリニック 初診時血液検査:5,500円 アンドロゲンレセプター遺伝子検査:20,900円
AGAヘアクリニック 来院による血液検査:3,000円
採血キットによる血液検査:5,000円
不明
新宿AGAクリニック 5,500円 22,000円
ウィルAGAクリニック 無料
※対象の治療プランに限る
※対象外の場合は別途10,000円
不明
聖心毛髪再生外来 不明 22,000円
駅前AGAクリニック 5,500円 22,000円

このように、血液検査は5,000円前後が相場であり、遺伝子検査は20,000円以上かかることがほとんどです。血液検査は治療薬による影響などを調べられるので治療においては必要な場合が多いですが、遺伝子検査は必須ではないので、受けるかどうかはクリニックと相談するとよいでしょう。

AGAの検査では保険が適用されない

AGA治療は自由診療なので、検査についても保険が適用されません。これは薄毛が身体的に健康の不調をもたらす病気という訳ではないので、保険が適用されずその負担は個人負担となっているのです。

AGAの検査の手法だけでなく、治療方法もクリニックや病院によって異なります。しかし、どの治療方法においても費用は自己負担になると考えておきましょう。

治療薬や血液検査などは多くの場合必要になるので、自費費用を確認しておきましょう。薄毛治療の保険適用に関しては、以下の記事で詳しく解説しています。

薄毛治療の保険適用
薄毛治療は保険適用になる?費用相場や自分で薄毛を改善する方法を紹介薄毛の治療や相談をしたいときに、病院を受診しようと思う人は多いと思います。その際には、薄毛治療に保険が適用できるのかどうか、治療費がどの...

AGA検査でわかること

AGA検査でわかること

AGAの検査では、具体的にどのようなことが明らかになるのでしょうか?

薄毛の原因がAGAかどうか

AGAの検査を受けることで、薄毛の原因がAGAかどうか判断できます。

アメリカ脱毛症協会によると、AGAは思春期後の薄毛を意識する男性の少なくとも95%に影響を及ぼしているとされています4)

このように薄毛のほとんどがAGAによるものですが、必ずしもAGAが原因であるという訳ではありません。脂漏性皮膚炎による脱毛症や甲状腺ホルモン異常による脱毛症など、AGA以外の病気が要因である可能性もあります。

薄毛の原因に適した治療を施すためにも、検査で薄毛の原因がAGAであるかを判断しましょう。

4)Paul J. McAndrews, American Hair Loss Association(アメリカ脱毛症協会)

投薬治療の可否

AGAの検査は、投薬治療の可否を明確にするために必要です。AGAの治療は基本的に投薬治療で実施されますが、体質によっては薬を使用できない可能性があります。

例えば、薬を排出しづらい性質を持っている方は、副作用のリスクがあるため注意が必要ですし、薬の成分を代謝する役割を担う肝機能が正常でなくては薬を利用できません。AGA治療薬が使用できない場合は、​​低出力レーザーや医療用サプリメントなどで代替します。

このような投薬治療の可否を血液検査などで調べるのです。

将来のAGAのリスク

AGAの検査をすることでAGAの遺伝子を持っているかがわかるので、将来的にAGAを発症するリスクがあるかを調べることが可能です。現時点で薄毛がみられない人でもAGA発症の予測をしてもらえるので、早めに対策を始めることができます。

AGAは進行性の脱毛症であるため、治療をせずに放置していると状態が悪化していきますし、AGA治療は開始時期が遅くなると改善率が低下すると言われています。自身がAGAの遺伝子を持っているかなどを調べておきましょう。

さらに、髪の毛を成長させるのに欠かせないヘアサイクルは一生で回数が決まっているので、早い段階で治療に取り組むことで髪の毛が生え変わるチャンスを最大限に活かせます。

まとめ:薄毛が気になり始めたらAGAの検査をしてみよう

AGAの検査をすることで、自分のAGAのリスクを知ることができますし、早い段階で治療に取り掛かることができます。薄毛治療をする場合にも、検査をすることで最適な治療法や投薬治療の可否なども明らかにすることができます。薄毛が気になっている人はまずはAGAの検査をしてみましょう。

AGA治療を本格的に始めたいという方は、AGA専門クリニックに相談するとよいでしょう。AGAに特化しているため、様々な検査に対応している可能性がありますし、最新の設備などを取り入れているところもあります。

SNS

haircare__lab
“髪の健康”をテーマにしたドクター監修のヘアケアメディアです。
最新の技術紹介を交えながら、頭皮・頭髪の悩みをサポートします。

\FOLLOW ME/