AGA

AGAの治療費用はいくら?月ごと・治療法ごとの費用相場を紹介

agaの治療費用

男性型脱毛症(AGA)の発症によって「前髪の生え際の後退が気になる」「頭頂部が薄くなってきた」と悩んでいる方の中には、AGAの治療を検討している人もいるのではないでしょうか。

AGAの治療を検討するときに気になるのが、費用の問題です。AGAの治療法には様々なものがあり、その方法によって費用は変わってきます。

この記事では、様々な治療法別やクリニック別の費用感、AGA治療における1ヵ月あたりの費用相場などについて解説します。

AGA治療を受けられる場所とは?

もしAGAの治療を受けたいと思ったときには、どこに行けばいいのでしょうか?

AGA治療を受けられる場所は、AGA専門のクリニックもしくは病院の皮膚科です。それぞれの特徴について解説します。

AGA専門のクリニック

AGA専門のクリニックとは、AGAの治療と予防に特化した医療機関のことです。頭皮や毛髪に関する専門知識を持った専門医師にAGAの治療を行ってもらえます。

マイクロスコープによる頭皮診断や遺伝子検査、血液検査などの設備が揃っていることも多く、AGAの発症によるものかどうかや、頭皮や髪の状態を詳細に調べてもらえます。

AGA専門のクリニックは、薄毛治療に関する新しい技術や研究データを日々取り入れています。最新の機器による治療を行っているクリニックもあるので、より高い効果が期待できます。

皮膚科

AGA治療は病院の皮膚科でも受けられます。病院は全国にたくさんあるので通いやすいですし、ほかの症状などもまとめてみてもらえるというメリットがあります。

ただ、皮膚科はAGA以外にも幅広い皮膚疾患に対応しており、AGAに特化しているわけではありません。最新の研究成果を活かした治療を受けられるかはわかりませんし、最新の機器が導入されているとも限りません。

また、病院では保険診療を受けられることが多いですが、AGAの治療は病院であっても自費診療になることが多いです。場合によっては、AGA専門のクリニックよりも医療費が高くなることもあるので注意しましょう。

AGAの治療は保険適用にならない

薄毛の原因がAGAだったとき、AGA専門のクリニック・病院の皮膚科どちらを受診したとしても医療保険は適用されません。なぜなら、AGAは病気やケガとみなされないからです。

たしかに、AGA治療の中には例外として保険が適用される治療も存在します。しかし、保険適用の薄毛治療と保険適用外の薄毛治療を併用する「混合診療」は原則禁止されているため、AGAと診断されたら全額自己負担と考えたほうがよいです。

このように、AGA治療は全額自己負担であるからこそ、予算の範囲内かつ効果のある治療法を選ぶことが大切です。AGA専門クリニックの方が、より効果的な治療を受けられるといえるかもしれません。ここからは、AGA専門のクリニックの費用相場について解説していきます。

薄毛治療に保険が適用できる場合や医療費控除について知りたい方は、以下の記事を参照してください。

薄毛治療の保険適用
薄毛治療は保険適用になる?費用相場や自分で薄毛を改善する方法を紹介薄毛の治療や相談をしたいときに、病院を受診しようと思う人は多いと思います。その際には、薄毛治療に保険が適用できるのかどうか、治療費がどの...

AGAの治療費用は目的や内容によって異なる

AGA専門のクリニックの治療費用は、その症状の進行具合や目的、治療内容によって異なります。現状よりも悪化しないように抜け毛の抑制をしたいのか、発毛までしたいのかなどによっても変わります。

AGAの治療法には以下のようなものがあり、これらを組み合わせて治療を行います。

  • 内服薬
  • 外用薬
  • 注入治療
  • LED
  • 植毛

これらの治療方法によって費用は変わります。クリニックごとに費用は変わってくるので、Webサイトなどを確認をしましょう。

また、治療費用は薬代のほかに初診料や再診料などがかかるところが多いです。血液検査、頭部撮影、遺伝子検査、生活習慣指導なども必要なことが多く、これらにも費用がかかります。

主要AGAクリニックの費用一覧表

ここでは、いくつかのAGA専門のクリニックのWebサイトに記載されている費用(2022年5月23日時点)を調査しました。

費用は現在生えている毛髪の現状維持や薄毛予防をする場合と、予防に加えて発毛もする場合の費用目安を調べています。下記の費用には初診料や再診料、検査費用などは含まれていません。詳しい金額については、各クリニックの料金表をご確認ください。

病院名 治療プラン・目的 費用
Dクリニック 予防 12,100~15,950円/月
予防+発毛 16,500~35,200円/月
AGAヘアクリニック 予防 3,600円(初月のみ1,800円)〜8,000円/月
予防+発毛 10,800〜31,000円/月
イースト駅前クリニック 新宿西口店 予防 3,800円~/月
予防+発毛 12,100~24,300円/月
AGAスキンクリニック 予防 6,200~15,400円/月
予防+発毛 38,500~93,500円/月
注入治療 55,000~132,000円/回
自毛植毛 221,067~4,290,000円
ウィルAGAクリニック 予防 7,000~9,800円/月
予防+発毛 5,000~40,000円/月
注入治療 96,000~350,000円/回

予防や予防+発毛など、治療の目的は同じでも、クリニックによって治療法や用いられる薬が異なるため、費用に差があります。クリニックを選ぶ際は、自身の予算やクリニックの治療実績、どのような治療を行うかなどを参考に選ぶのがよいでしょう。

AGAの治療費用の相場

AGAの治療費用の相場

上で調べたクリニックの治療内容を調べ、各治療方法ごとの費用を調べてみました。AGA治療の種類別の費用の相場を解説します。

内服薬

AGA治療に用いられる内服薬は、抜け毛の原因となる男性ホルモンを抑制してAGAの進行を抑える効果があります。日本皮膚科学会の「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版」(以下:ガイドライン)1 )の中で推奨されている内服薬の成分は、「フィナステリド」と「デュタステリド」です。

この2つの成分は、複数の臨床試験で有効性や安全性などが確認されているので信頼性も高いといえます。

1)眞鍋求, 坪井良治, 板見智 他, 男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版. 日皮会. 2017, 127, 2763–2777.

フィナステリド

AGA専門クリニックのWebサイトを調べてみたところ、フィナステリドを含む内服薬を利用した場合、1ヵ月あたりの費用は3,200円〜8,200円/月(初回のみ1,480円あり)程度です。

フィナステリドには、AGAの原因となるジヒドロテストステロン(DHT)の生成を促す5α還元酵素Ⅱ型の働きを阻害して、ヘアサイクルを正常に戻す働きがあります。これにより、抜け毛の改善や太い毛の増加などが期待できます。

フィナステリドを含む薬の種類としては、先発医薬品の「プロペシア錠」やジェネリック医薬品のフィナステリド錠「ファイザー」、「サワイ」などがあります。

デュタステリド

デュタステリドを含む内服薬を利用する場合の1ヵ月あたりの費用は、8,000円~10,500円/月(初回のみ5,000円)程度です。

デュタステリドは5α還元酵素Ⅱ型だけではなく、5α還元酵素Ⅰ型にも作用してDHTの生成を抑制します。フィナステリドを含んだプロペシアよりも、毛量や毛髪の太さの増加について優れているとのデータ2 )もあります。

デュタステリドを含む内服薬としては、先発医薬品の「ザガーロカプセル」やジェネリック医薬品の「NS」、「トーワ」、「サワイ」などがあります。

薄毛治療の内服薬について詳しく知りたい方は、以下の記事もご覧ください。

医師が手に持ったたくさんの薬
【ドクター監修】薄毛治療の飲み薬とは?その種類と効果を徹底解説! 近年、男性型脱毛症(AGA)の病態解明が進み、薄毛治療に有効な飲み薬が開発されています。これらの薬は、皮膚科やAGA専門クリニックで病...

2)Walter Gubelin Harcha, Julia Barboza Martínez, Tsen-Fang Tsai other, A randomized, active- and placebo-controlled study of the efficacy and safety of different doses of dutasteride versus placebo and finasteride in the treatment of male subjects with androgenetic alopecia. J Am Acad Dermatol. 2014, 70, 489–498.

外用薬

AGAの治療に使用される外用薬は、頭皮に直接塗布することで発毛促進などの効果が期待できます。ガイドライン1 )では、外用薬の成分として「ミノキシジル」と「アデノシン」が推奨されています。

ミノキシジル

AGA専門クリニックでミノキシジル配合の外用薬を使った治療を受ける場合、費用相場は1ヵ月あたり10,000円〜20,000円/月ほどです。ミノキシジルの外用薬はドラッグストアなどで購入することもでき、その場合の費用は3,000〜9,000円程度です。

ミノキシジルは世界90ヶ国以上で使用されている外用薬であり、血管を拡張して血流を改善したり、発毛や育毛を促進したりする作用があります。ガイドライン1 )では、男性に対して5%ミノキシジルの外用を強く推奨しています。

ミノキシジルには内服薬も存在し、個人輸入で入手することも可能です。ただ、ミノキシジル内服薬は日本で承認されておらず副作用が発生する可能性があるため、医師に相談したほうがよいでしょう。

アデノシン

AGA専門クリニックの公式サイトなどを調べたところ、アデノシンを含む外用薬の費用は記載されていませんでした。治療プランの料金にアデノシンの費用が含まれているクリニックがほとんどであったため、ここではアデノシンを含む市販の外用薬の費用を紹介します。

アデノシンを含む市販薬には「アデノゲン 薬用アデノゲンEX」や「ナビジョンDR 薬用スカルプエッセンス」などがあり、その費用は6,500〜7,500円です。

アデノシンの効果としては、毛乳頭細胞に作用して毛髪の成長を促進させる「FGF-7」の産出を高めることで発毛を促進する働きがあります。株式会社資生堂の論文3)では、「アデノシンは細った毛髪を太く成長させることにより太い毛の割合(太毛率)を高めて男性におけるAGAを改善する」と説明されています。

AGAの外用薬について詳しく知りたい方は以下の記事を参照してください。

AGAの外用薬
【ドクター監修】AGAの外用薬にはどのようなものがある?種類や効果を解説生え際の後退や抜け毛など、男性型脱毛症(AGA)の症状が出てきた場合、外用薬での治療を考える人も多いと思います。外用薬を塗ることで、AG...

3)江浜律子, 岩渕徳郎, 飯野 雅人 他, 女性の薄毛とアデノシンによる改善効果. 株式会社資生堂リサーチセンター 他. 2011.

注入治療

注入治療の1回あたりの費用は、約20,000〜60,000円です。

注入治療とは、注射器などを使って薄毛や抜け毛の改善に成果が期待できる成分を直接頭皮に注入する治療法です。HARG療法やメソセラピーとも呼ばれており、内服薬や外用薬と併用されるなど、補助的な治療として用いられることが多い治療法です。

ただ、ガイドライン1 )には「安全性なども含め、その有効性は決して十分に検証されているとはいえない」という説明があり、行わないほうがよいでしょう。

低出力レーザー・LED光治療

低出力レーザー・LED光治療の1回あたりの費用は約5,000円です。専用の機器を導入しているクリニックで受けられますし、市販の機器なども販売されています。

低出力レーザーやLEDを使った治療では、それらの光を頭皮に照射することで、毛髪の成長を促進します。ガイドライン1 )では、「発毛効果に関しての有用性を示す十分な根拠があり、副作用も比較的軽微であることから、適切な機材を使用して行うよう勧める」と説明されています。

また、低出力レーザーやLED光による治療は、火傷や副作用などのリスクが少なく安全に治療できるとされています4)

LEDによる育毛効果については、以下の記事で詳しく解説しています。

LEDの育毛効果
LEDに育毛効果はある?赤色LEDのメカニズムやメリット・デメリットを紹介近ごろ抜け毛や薄毛が気になってきたという人のなかには、LEDでの育毛に取り組みたいと考えている人もいると思います。LEDによる育毛の方法...

4)Matt Leavitt, Glenn Charles, Eugene Heyman, David Michaels, HairMax LaserComb laser phototherapy device in the treatment of male androgenetic alopecia: A randomized, double-blind, sham device-controlled, multicentre trial. Clin Drug Investig. 2009, 2929, 283-92.

自毛植毛

自毛植毛の費用はトータルで約30〜200万円です。自毛植毛を行うには免許を持った医師が外科手術をする必要がありますし設備も必要なので、他の治療法と比べて費用が高くなる傾向にあります。

自毛植毛とは、薄毛となっている部分に自分の後頭部や側頭部の毛髪を移植し植え込む治療法です。毛根や毛乳頭細胞が死滅しているなどの毛髪がない場所に髪を生やしたい場合などに用いられます。

ガイドライン1)では、他に手段がない状況においてはAGAの治療に自毛植毛を行うよう推奨されています。

植毛について詳しく知りたい方は、以下の記事もご覧ください。

植毛による薄毛治療
薄毛に植毛は有効?植毛の種類や効果、その他の薄毛治療方法を解説薄毛に悩む人の中には、植毛を考えている人も多いかもしれません。植毛は自毛や人工毛を頭皮に植える方法であり、薄毛を大きく改善できる可能性が...

AGA治療の1ヵ月あたりの治療費用相場とは?

ここまで、それぞれのクリニックの治療内容や費用をみてきましたが、一般的なAGA専門のクリニックにおける、1ヵ月あたりの費用相場は以下の通りです。

これ以上悪化しないように予防する場合と、予防だけでなく発毛治療もするときの相場をまとめてみました。だいたい月にこれくらいの金額はかかると思っておきましょう。

治療目的 治療内容 1ヵ月あたりの費用相場
脱毛予防 すでに生えている髪を維持していく治療 3,600円~15,950円/月
脱毛予防+発毛 毛を太くしたり、毛を生やしたりする治療 5,000円~93,500円/月

治療の目的や内容によって金額に幅がありますし、検査の費用なども追加でかかってくるので、費用も変わってきます。上記の費用はあくまで概算ですので、それぞれのクリニックに確認をしましょう。

AGAの治療にかかる期間とは?

AGAの治療にかかる期間とは?

AGAの治療を受けようと思っても、治療にかかる期間がわからないと費用の総額をイメージしにくいかもしれません。

一般的に、AGA治療の効果が現れ始めるのは治療開始から約3~6ヵ月後とされています。そのため、AGAの治療には最低でも3ヵ月以上の期間が必要となるでしょう。

また、AGAの進行を食い止め続けるには、効果が出たあとも継続的に治療する必要があります。効果が出たからといって治療を途中でやめてしまうと、再びAGAによる抜け毛などの症状が進行してしまうのです。

薄毛を一時的に改善したい場合は数ヵ月ほどの治療でよいかもしれませんが、増加した髪の毛をキープしたい場合は長期にわたる治療が必要となるでしょう。

AGAの治療費用を抑える方法

AGAの治療費用を抑える方法

AGAによる薄毛を治療するには継続的に費用がかかるので、治療費をなるべく安く抑えたいと思う人も多いと思います。ここでは、AGAの治療費用を安く抑える方法について解説します。

なるべく早く治療を開始する

AGAの治療費用を抑えるには、早めに治療を開始しましょう。

AGAによる薄毛や抜け毛が進行してしまうと、毛髪の量をもとに戻すために長い期間が必要となりますし、必要な処置も増えてしまうので費用が大きくなってしまいます。

また、AGAが進行して頭皮から髪の毛がなくなってしまうと、内服薬や外用薬などの治療では症状を改善できなくなる可能性があります。髪の毛がない場所に生やしたい場合は、高額な費用がかかる自毛植毛などの治療を検討する必要が出てきます。

AGA治療の費用を抑えたいなら、「抜け毛が増えた」「前頭部や頭頂部の髪の毛が薄くなってきた」などの症状を感じた段階で早めに治療を始めましょう。

ジェネリック医薬品を使用する

AGAの治療費用を安く抑えたい場合は、先発医薬品(新薬)ではなく後発医薬品(ジェネリック医薬品)を使用するのもひとつの手です。

ジェネリック医薬品とは、新薬の特許期間が満了したあとに厚生労働省の認可を得て製造・販売される医薬品のことです。新薬と同等の成分・効果・安全性であるものの、新薬に比べて開発期間やコストが少ないため低価格で購入できるという特徴があります。

例えば、フィナステリドを含む内服薬のジェネリック医薬品と先発医薬品の費用を比べると、以下のようになります。

  • プロペシア錠1mg(先発医薬品):7,800円
  • フィナステリド1mg「サワイ」(ジェネリック医薬品):4,300円

※2022年5月時点

ふたつの薬には3,500円の価格差があるため、毎月使用した場合は年間で42,000円節約できることになります。ジェネリック医薬品を使用したい場合は、クリニックなどで医師に相談しましょう。

市販薬

AGAの治療費用を抑えたい場合は、市販の治療薬を使うという方法もあります。

ミノキシジルを含んだ外用薬であればドラッグストアや薬局などで市販されており、3,000〜9,000円ほどで購入できます。クリニックに通う必要がないので、診察費や通院にかかる交通費などを節約できます。

注意点として、AGA治療のための内服薬を個人輸入するのは避けましょう。

フィナステリドやミノキシジルなどの成分を含んだ内服薬は、個人輸入で購入することもできます。しかし輸入品には偽造医薬品も多く、有効成分が入っていなかったり、健康被害を及ぼしたりする可能性があります。

頭皮マッサージ

費用を抑えて薄毛を改善するには、自分で頭皮マッサージを行うのも有効です。自分で頭皮マッサージを行うことで、髪の毛を太くできる可能性があります。

AGA治療を行っているDクリニックの研究5)では、市販のマッサージ器を使って毎日4分の頭皮マッサージを行ったたところ、24週の時点で毛径に有意な増加が確認されました。

つまり、頭皮マッサージを継続的に行うことで毛を太くできる可能性があるのです。育毛効果が期待できる頭皮マッサージ方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

頭皮マッサージを受ける男性
頭皮マッサージに育毛効果があるって本当?薄毛・抜け毛を予防するための方法やツールを解説 最近抜け毛が増えてきた、親族に薄毛の人がいるなど、将来の薄毛を恐れている人も多いと思います。そんな方は、自分でできる頭皮マッサージに...

5)Koyama T, Kobayashi K, Hama T, Murakami K, Ogawa R, Standardized Scalp Massage Results in Increased Hair Thickness by Inducing Stretching Forces to Dermal Papilla Cells in the Subcutaneous Tissue, Eplasty. 2016 , 16:, e8. eCollection 2016.

頭皮の洗浄

治療費用を抑えてAGA対策をしたい場合は、頭皮の洗浄も行いましょう。

大正製薬株式会社と明治薬科大学薬学部の杉田隆教授の共同研究6)では、皮脂成分のトリグリセリドや細菌のアクネ菌、真菌であるマラセチア属菌がAGAの原因や進行に影響している可能性が示唆されています。

つまり、頭皮を洗浄して皮脂汚れや細菌などをしっかりと洗い流すことで、AGAの発症や進行を予防できる可能性があるのです。頭皮に過剰な皮脂などが残らないよう、1日1回などの頻度で洗髪を行いましょう。

6)Suzuki K, Inoue M, Cho O, Mizutani R, Shimizu Y, Nagahama T, Sugita T. Scalp microbiome and sebum composition in Japanese male individuals with and without Androgenetic alopecia. Microorganisms 9, 2132, 2021.

禁煙

喫煙習慣のある人は、禁煙に取り組むことでAGAの治療費用を抑えられるかもしれません。

ハーバード公衆衛生大学院の論文7)では、喫煙者と非喫煙者を比較すると、喫煙者の方がAGAの原因となるジヒドロテストステロン(DHT)の数値が14%高いことがわかっています。

つまり、禁煙をすることでAGAの進行を抑えられる可能性があるのです。

7)The relation of smoking, age, relative weight, and dietary intake to serum adrenal steroids, sex hormones, and sex hormone-binding globulin in middle-aged men,1994.

まとめ:AGA専門のクリニックを受診して治療費用を確認

AGAの治療費用は、症状の進行度や治療目的、受ける治療法などによって異なります。同じ治療内容でもクリニックによって費用が異なるため、まずはAGA専門のクリニックを受診してどれくらいの費用がかかるのか確認しましょう。

AGAの症状が進行するほど治療費用が高くなる傾向にあるので、前頭部の生え際や頭頂部の薄毛が気になるのなら、早めに治療やケアを始めるのがよいです。

AGAの治療は専門のクリニックや病院の皮膚科などで受けることもできますが、費用を抑えたい場合は頭皮マッサージをしたり市販薬を利用するなど、自分でケアするのもよいです。

SNS

haircare__lab
“髪の健康”をテーマにしたドクター監修のヘアケアメディアです。
最新の技術紹介を交えながら、頭皮・頭髪の悩みをサポートします。

\FOLLOW ME/