特集記事

薄毛にいい育毛剤の見分け方は?発毛剤との違いなどドクターが詳しく解説

毛根に塗布される育毛剤
監修ドクター
高田弘弥
日本医科大学形成外科学教室・抗加齢予防医学講座教授 医学博士・工学博士
【略歴】京都大学大学院工学研究科,名古屋大学大学院医学系研究科修了後,イギリス・ウォーリック大学,フランス国立科学研究所へ留学,日系化粧品会社所長代理・フランス系化粧品会社マネージャを経て,2018年より日本医科大学付属病院形成外科講師,現在同教授
【受賞歴】第11回世界毛髪研究会議(国際毛髪会議)最優秀賞(口頭発表部門),バルセロナ(スペイン),2019年など

薄毛が気になってきて育毛剤を使い始めるという人は多いでしょう。薄毛対策として育毛剤を購入する時には、どのようなものを選べば良いのでしょうか。

また、市販されているヘアケア用品には「育毛剤」と名前がついたものと「発毛剤」と名前がついたものがありますが、何が違うのでしょうか。日本医科大学形成外科学教室の高田弘弥先生に解説していただきました。

育毛剤で重視するべきなのは刺激の少なさ

ー 薄毛に良い育毛剤の見分け方を教えてください。

高田先生「育毛剤を購入する際には、髪にダメージを与えないものを選びたいですね。海面活性作用が弱いものや、界面活性剤が不使用のものが良いと思います。

パッケージの成分表を見ただけで判断するのは難しいですが、育毛剤やシャンプー、リンスなどのケア用品を使った際、頭皮がピリピリした感覚になる時は、頭皮がダメージを受けていると考えられます。頭皮のトラブルにつながるので、使ってみて刺激を強く感じる製品は避けたほうが良いしょう。

シャンプーについては、以前の記事でも選ぶ基準を解説していますので、ぜひ参考にしてみてください」

シャンプーする男性
朝シャンすると薄毛になる?ドクターに聞く!薄毛予防になる洗髪方法薄毛が気になり始めたら、シャンプーにも気を遣いますよね。朝シャン(朝にシャンプー)をすると薄毛になるという説もありますが、本当なのでしょ...

ー 育毛効果より髪や頭皮への優しさを重視するべきということですね。

高田先生「そうですね。実は育毛剤というのは、脱毛に対してそこまで大きな効果があるものではありません。ですので『毛を生やす効果』というより、髪や頭皮を健やかに保てるかを重視すると良いでしょう」

ー 成分表を見ただけで判断するのが難しいとのことですが、成分の他に選ぶ基準はありますか?

高田先生「必ずしも高価な商品が良いとは限りませんが、金額によって質がかなり左右されると思います。

『人の肌に近い成分』と謳っているものならアレルギーは起きにくいですし、刺激も少なく地肌に優しいです。しかし、値段は少し高くなるはずです。人の肌に近い成分にするには、それなりにコストがかかるからです。

例えば、界面活性剤を使わない製品は製造工程が多くなるため、商品の値段が上がる傾向がありますね。私は化粧品メーカーに在籍していた経験があるのでわかるのですが、界面活性剤を使わない場合、材料を均一にするには何回も何回も混ぜたり、成分が均等に混ざるように時間を置いたりしなくてはならず、製造に手間と時間がかかるんです。その手間と時間が、価格に反映されるのです」

ー 値段が安すぎるものは避けた方が良さそうですね。

高田先生「高ければ必ずいいものであるわけではないのですが、質と値段はある程度は比例していると考えて良いでしょう」

薄毛への発毛効果があるのは「発毛剤」

ー育毛剤と発毛剤で、はっきりした違いがありますか?

高田先生「基本的に『発毛剤』は医薬品で使われる名称です。医薬品とは治療を目的として使用されるものです。配合される有用成分の効果が厚生労働省から認められているものが医薬品として販売されます。

一方、『育毛剤』はあくまでも医薬部外品です。医薬部外品は主に症状の防止を目的として使用されるもので、医薬品に比べると人体に対する作用が穏和です。

育毛剤は実際に発毛効果が認められているわけではなく、健やかな髪を育む商品ということですね。

薄毛に効果を発揮するのは医薬部外品の育毛剤ではなく、医薬品である発毛剤の方です」

ーまだ完全に薄毛とは言えないけれど薄毛を意識し始めた段階では、どちらを使用するべきですか?

高田先生「薄毛が気になってきたかな? という段階で、すぐ発毛剤を使った方が良いと思います。

髪の毛がフサフサの方でも『治療を受けたい』と、薄毛専門のクリニックを受診される方は結構いらっしゃいますよ。親族に薄毛の方が多く、将来的に薄毛になる可能性があることを懸念して、早期で対策をしておくということですね」

ー薄毛の症状がさほどないのに治療すると、副作用などは出ませんか?

高田先生「早期に治療を始める副作用は、特にないです。

逆に、髪の毛が薄くなってから発毛させるのはかなり難しいので、できる限り早く始めた方が良いですね。

実は、ご家族など身近な方に薄毛を指摘されて治療を開始する方も多いです。というのも、後頭部は自分では見えない箇所なので、周囲にいる人の方が薄毛の兆候に早く気づくのでしょう。このように、誰かに指摘されることも、治療を始める良いタイミングかもしれません。早期の薄毛治療は、今ある毛を維持する上で、大きく役立つはずです」

ー 早めの対策が大事だとよくわかりました。

ミノキシジル配合の商品は発毛効果が期待できる

ー発毛剤でよく「ミノキシジル」という成分名を打ち出している商品を見かけますが、薄毛に効果はありますか?

高田先生「ミノキシジルはAGA治療への推奨度が高い成分です。そのため、医薬品として販売されているミノキシジルを配合した商品は、かなりの効果が見込めると思います。

しかし、ミノキシジル配合の発毛剤なら全く同じように作られているわけではありません。製品によって処方のバランスや作り方は異なるので、最終的に製品の品質はメーカーごとに違ってきます。

また、ミノキシジルはアルコールが入っているため、アルコールが苦手な方には合わないかもしれませんのでご注意ください」

ミノキシジルは血圧降下剤として開発された経緯があって、血管拡張作用があることから、高血圧患者や狭心症をはじめとする循環器系の疾患を抱えている方の使用は注意が必要です。

ー 発毛効果はあっても、肌質と合うかだけ注意が必要そうですね。

高田先生「そうですね」

まとめ

育毛剤を選ぶ際には、界面活性剤を使っていないものや弱酸性のものなど地肌のダメージにならないものを選びましょう。育毛剤自体には発毛作用はありません。薄毛が気になる場合は、医療品である発毛剤がおすすめです。

薄毛が進行してしまうと毛を生やすことは難しいため、薄毛の初期段階から治療を開始することが大事です。早期治療による副作用はないため、できる限り早めに薄毛対策をしていきましょう。ミノキシジル配合の発毛剤は、効果が見込めます。

SNS

haircare__lab
“髪の健康”をテーマにしたドクター監修のヘアケアメディアです。
最新の技術紹介を交えながら、頭皮・頭髪の悩みをサポートします。

\FOLLOW ME/