育毛・発毛

【ドクター監修】男性ホルモンのテストステロンとは?その働きや薄毛との関係を解説

監修ドクター
高田弘弥
日本医科大学形成外科学教室・抗加齢予防医学講座教授 医学博士・工学博士
【略歴】京都大学大学院工学研究科,名古屋大学大学院医学系研究科修了後,イギリス・ウォーリック大学,フランス国立科学研究所へ留学,日系化粧品会社所長代理・フランス系化粧品会社マネージャを経て,2018年より日本医科大学付属病院形成外科講師,現在同教授
【受賞歴】第11回世界毛髪研究会議(国際毛髪会議)最優秀賞(口頭発表部門),バルセロナ(スペイン),2019年など

男性ホルモンのテストステロンには様々な働きがあります。

薄毛や抜け毛の不安を抱えている人は、テストステロンが髪にどのような影響を及ぼすのか気になるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、テストステロンの働きと髪への影響を説明するとともに、薄毛を防ぐ方法やテストステロンを増やす方法について紹介します。

男性ホルモンのテストステロンとは?

男性ホルモンには、精巣から分泌されるテストステロンと、副腎皮質から分泌されるアンドロステロン、デヒドロエピアンドロステロンがあります。

このうち、最も分泌量が多いのがテストステロンで、コレステロールからいくつかの段階を経て生合成されます。このホルモンは、体内での外性器形成、筋肉や骨量の増加、体毛の成長や声変わりなどの発現に不可欠です。

女性の卵巣からも分泌されますが、男性のほうが分泌が著しく、1日の分泌量は女性の約20倍です。分泌量は20代でピークを迎え、その後加齢とともに減少します。

男性ホルモンであるテストステロンの働き

男性ホルモンであるテストステロンの働き

成人においては、テストステロンは以下のように働きます。

筋肉の生成

テストステロンは筋肉の生成を促します。

テストステロンはアンドロゲン受容体という因子と結びつくことで、タンパク質の合成を促進するとともに、タンパク質の分解を抑制します。さらに、テストステロンには筋細胞の崩壊であるアポトーシスから保護する効果も認められています。

このように、テストステロンは筋肉の生成に重要な役割を担っています。

脂肪を減らす

テストステロンには脂肪を減らす働きがあります。

肥満男性を対象とした研究では、テストステロン治療を行った群はプラセボ群に比べて脂肪量が有意に減少したことが示されました1)

さらに、テストステロン治療を行った群と行わなかった群の比較試験において「体重、腹囲、HbA1c や収縮期/拡張期血圧が1年目から有意に改善し、その効果は5年間にわたり継続されていた」とあります。

これらの結果から、テストステロンには脂肪を減少させる働きがあることがわかります。

1)Mark Ng Tang Fui, Luke A Prendergast, other, Effects of testosterone treatment on body fat and lean mass in obese men on a hypocaloric diet: a randomised controlled trial. BMC Med. 2016, 153, 7-14.

造血作用

テストステロンは造血作用にも影響を与えます。

マウスを用いた臨床試験2)によると、テストステロンは造血細胞の増殖と生存を促進する働きがあることがわかっています。それは、骨髄に血液を作り出すよう指示を出すエリスロポエチンの作用を強めることで起こるとされています。

これらの働きにより造血作用が起こり、酸素や栄養が効率よく全身に行き渡るようになります。

2)Guo W, Ghayda RA, other, The role of iron in mediating testosterone’s effects on erythropoiesis in mice. FASEB J. 2020, 34, 11672-1168.

性的欲求増進

テストステロンには、男性の性的欲求を増進する働きがあります。

テストステロンが作られると、脳の側坐核からドーパミンが分泌されます。ドーパミンは視床下部の傍室核に位置するオキシトシン、および脊髄内の勃起仙骨副交感神経に作用することで陰茎勃起を引き起こす可能性があるとされています3)

また、シリアンハムスターのオスは去勢されると徐々に交尾や性行動をやめますが、テストステロンで治療されると時間の経過とともに意欲と性行動を取り戻したという研究4)もあります。

このようなことから、テストステロンによって男性の性的欲求が増進するといえます。

3)Giuliano F,Allard J , Dopamine and male sexual function. Eur Urol. 2001, 40, 601-8.
4)Garelick T, Swann J, Testosterone regulates the density of dendritic spines in the male preoptic area. Horm Behav. 2014, 65, 249-53.

精神への影響

テストステロンは精神へも影響を与えます。

気分や意欲はテストステロンに関連しており、テストステロンが不足すると抑うつ障害につながる可能性があると研究で示されています5)

また、テストステロンが高いほど支配的行動や地位の獲得・維持に有利な行動を行いやすいことが研究で示されています6)

テストステロンは精神のコントロールに重要な役割を果たしていることがわかります。

5)Leiber C,Wetterauer U, Berner M, [Testosterone and psyche]. Urologe A. 2010, 49, 43-6.
6)Terburg D, Aarts H, Jack van Honk, Testosterone affects gaze aversion from angry faces outside of conscious awareness. Psychol Sci. 2012, 23, 459-63.

男性ホルモンのテストステロンは薄毛の原因になる?

テストステロンなどの男性ホルモンは、抜け毛や薄毛の原因と考えられがちです。はたして、テストステロンは薄毛の原因になるのでしょうか。

テストステロンと薄毛の関係

まず、薄毛の多くは男性型脱毛症(AGA)によって起こります。AGAは思春期後の薄毛を意識する男性の少なくとも95%7)に影響を及ぼし、薄毛を引き起こす大きな原因とされています。では、男性ホルモンのテストステロンはAGAを引き起こす原因なのでしょうか?

それを知るには、AGAが起こる仕組みについて理解する必要があります。AGAが起こる仕組みは以下です。

まず、テストステロンが5αリダクターゼという酵素と結合します。それによって、テストステロンは男性ホルモンのジヒドロテストステロンに変換されます。このジヒドロステロンは、毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体に取り込まれることで、毛母細胞の増殖が抑制されて髪の成長期が短縮し、抜け毛が起こります。

つまり、テストステロンはAGAが起こるきっかけになっていますが、直接的に作用しているのは男性ホルモンであるジヒドロテストステロンといえます。

7)McAndrews PJ, American Hair Loss Association(アメリカ脱毛症協会)

薄毛の原因となる男性ホルモンはジヒドロテストステロン

薄毛の原因となる男性ホルモンは、テストステロンではなくジヒドロテストステロンでしたが、ジヒドロテストステロンはどのように薄毛を引き起こすのでしょうか。

ジヒドロテストステロンが男性ホルモン受容体に取り込まれると、脱毛因子であるTGF-βを生み出します。TGF-βは髪を作る毛乳頭細胞や毛母細胞が分化するのを抑制する働きを持っており、毛髪の成長期が短くなり十分に髪の毛が成長する前に抜けてしまうのです。

これがAGAによって薄毛が起こる理由です。

テストステロンを減らせば薄毛は防げる?

ジヒドロテストステロンが薄毛の原因であるということはわかったと思いますが、ジヒドロテストステロンはテストステロンがもとになって生み出されます。では、テストステロンを減らせば抜け毛は防げるのでしょうか。

結論から述べると、テストステロンが少ない、もしくはテストステロンを減らしたからといってAGAが起こらないというわけではありません。

AGAは、ジヒドロテストステロンを生み出す5αリダクターゼが多い人やジヒドロテストステロンを取り込む男性ホルモンレセプターの感受性が高い人が発症しやすい傾向にあります。

そして、これらは遺伝によって決まる可能性が高いです。アンファー株式会社によると、男性ホルモン受容体の感受性は大部分が遺伝子によって決まるとされており、Andrew C Heath氏らの論文ではAGAの遺伝率は81%と記載されています8)

つまり、薄毛は遺伝による要因が大きく、テストステロンの量を減らしたからといって薄毛を防げるわけではありません。

男性ホルモンが薄毛を引き起こす仕組みについては、以下の記事で詳しく解説しています。

薄毛と男性ホルモン
【ドクター監修】男性ホルモンは薄毛を引き起こす?その関係と薄毛の対策方法を解説薄毛や抜け毛が気になっている人のなかには、「男性ホルモンが多いと薄毛になる」という話を耳にしたことがある人もいると思います。この噂は本当...

8)Nyholt DR, Gillespie NA, Heath AC, Martin NG, Genetic Basis of Male Pattern Baldness, J Invest Dermatol. 2003, 121, 1561–1564.

男性ホルモンのジヒドロテストステロンを抑制するには?

男性ホルモンのジヒドロテストステロンを抑制するには?

AGAには遺伝が大きく関わっていますが、遺伝以外ではジヒドロテストステロンを抑制することでも症状の改善が期待できます。ここでは、薄毛の進行を止めるためにジヒドロテストステロンを抑制する方法を紹介します。

治療薬

AGA専門のクリニックなどの医療機関では、ジヒドロテストステロンの生成を抑制する働きを持つ内服薬を処方してくれます。

日本皮膚科学会の「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版9)(以下ガイドライン)」で有効とされる内服薬の成分は、「フィナステリド」と「デュタステリド」です。それぞれの作用は以下です。

9)眞鍋求, 坪井良治, 板見智 他, 男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版. 日皮会. 2017, 127, 2763–2777.

フィナステリド

フィナステリドは、テストステロンと結びつく5αリダクターゼⅡ型の働きを阻害します。それによって、テストステロンがジヒドロテストステロンに変化することを防ぎ、ジヒドロテストステロンによって短縮されたヘアサイクルを正常に戻します。

フィナステリドを含む治療薬としては「プロペシア」などがあります。

デュタステリド

デュタステリドは5αリダクターゼⅠ型とⅡ型の両方を阻害します。フィナステリドがⅡ型だけにしか効果がないのに対し、5αリダクターゼⅠ型にも作用するので、デュタステリドよりも効果が高いとされています。こちらも5αリダクターゼ酵素を阻害することで、ジヒドロテストステロンの生成を抑制し、短くなったヘアサイクルを正常に戻します。

デュタステリドを含む治療薬は「ザガーロ」などが代表的です。

自身がAGAを遺伝しているか治療薬が有効かどうかは、AGAクリニックを受診することでわかります。AGAクリニックでは、内服薬のほかにも外用薬や超音波によって非接触で頭皮に振動圧刺激を与える「非接触振動圧刺激装置」などによる治療を受けられます。

食生活

食生活の改善もジヒドロテストステロンを抑制するのに有効です。亜鉛は5αリダクターゼの活性を抑制するとされています。

また、タンパク質やビタミンなども十分に摂取して、全体的な栄養バランスを整えることが大切です。

生活習慣

ジヒドロテストステロンの生成を抑制するためには、生活習慣も整えましょう。

睡眠 睡眠時には、髪の成長や頭皮の新陳代謝・修復に関わる成長ホルモンが分泌されるため、質の良い睡眠を心がける。
喫煙 ジヒドロテストステロンの分泌を増やす原因のひとつ10)であるため禁煙が有効。
ストレス ストレスは毛髪や頭皮に悪影響を与えるので、ストレス対策をする。

10)Field AE, Colditz GA, Willett WC, other, The relation of smoking, age, relative weight, and dietary intake to serum adrenal steroids, sex hormones, and sex hormone-binding globulin in middle-aged men. J Clin Endocrinol Metab. 1994, 79, 1310-6.

男性ホルモンのテストステロンを増やす方法とは?

男性ホルモンのテストステロンを増やす方法とは?

男性ホルモンであるテストステロンの量は薄毛に直接関与しません。むしろ分泌を増やすことでたくさんのメリットを得られるので、増やす努力をするのがよいでしょう。

ここからは、テストステロンを増やす方法を紹介します。

適度な運動を続ける

適度な運動を続けることでテストステロンを増やすことができます。

テストステロンは競争の中で上昇し、勝者は敗者に比べてその上昇が維持されるという研究結果11)があります。

また、有酸素運動とともに筋力トレーニングや競技スポーツに取り組むことで、テストステロン値を高く保つことができます。

11)Carré JM, Campbell JA, Lozoya E, other, Changes in testosterone mediate the effect of winning on subsequent aggressive behaviour. Psychoneuroendocrinology. 2013, 38, 2034-41.

生活習慣を改善する

生活習慣を改善することで、テストステロンを維持することができます。

アメリカのコロンビア大学で行われた研究12)によると、猫背の姿勢よりも胸を張った姿勢をとった方がテストステロン値が高いことがわかっています。

また、睡眠も大切です。アメリカ医学会の研究13)では、1週間にわたって男性の睡眠時間を5時間に制限したところ、テストステロン値が10~15%低下したという結果が出ています。

テストステロン値を維持するために、日頃から正しい姿勢を意識するとともに、十分な睡眠時間を確保しましょう。

12)Carney DR,Cuddy AJC,Yap AJ , Power posing: brief nonverbal displays affect neuroendocrine levels and risk tolerance. Psychol Sc. 2010, 10, 1363-8.
13)Leproult R, Cauter EV, Effect of 1 Week of Sleep Restriction on Testosterone Levels in Young Healthy MenFREE. JAMA. 2011, 305, 2173-4.

食生活を整える

食生活もテストステロンに影響を与えます。

毛髪の亜鉛の濃度が高い男性は、血中のテストステロン値が高いという報告14)があります。

また、動物性タンパク質はテストステロンの分泌に関与しており、タマネギに含まれる含硫アミノ酸のアリインには、テストステロンを増やす働きがあります

亜鉛や動物性タンパク質、アミノ酸のアリシンを積極的に摂取しましょう。

14)Chang CS, Choi JB, Kim HJ, Park SB, Correlation between serum testosterone level and concentrations of copper and zinc in hair tissue. Biol Trace Elem Res. 2011, 144, 264-71.

まとめ:薄毛を防ぐには男性ホルモンのジヒドロテストステロンを抑えよう

男性ホルモンのテストステロンは生活していく上で重要な役割を果たします。AGAに関与するのはジヒドロテストステロンであり、テストステロンは薄毛に影響を与えません。薄毛対策を行いたいのであれば、ジヒドロテストステロンの生成を抑制する必要があります。

ジヒドロテストステロンを抑制するのであれば、AGA専門のクリニックで治療薬を処方してもらうなどするのがよいでしょう。クリニックでは、ジヒドロテストステロンを抑える内服薬だけでなく、外用薬やLEDを用いた治療、超音波を用いた最新の治療などを受けることができます。

クリニックなどでのAGAの治療方法は以下で詳しく解説しています。

AGAの治し方
【ドクター監修】AGAの治し方とは?その流れや効果を高めるためのポイントを紹介!アメリカ脱毛症協会によると、男性にみられる薄毛の95%は男性型脱毛症(AGA)が原因とされています1)。 前頭部やおでこが広がった...
SNS

haircare__lab
“髪の健康”をテーマにしたドクター監修のヘアケアメディアです。
最新の技術紹介を交えながら、頭皮・頭髪の悩みをサポートします。

\FOLLOW ME/