AGA対策

【ドクター監修】AGAにミノキシジルは有効?その効果や副作用をデータから検証

AGAに対するミノキシジルの有効性
監修ドクター
高田弘弥
日本医科大学形成外科学教室・抗加齢予防医学講座教授 医学博士・工学博士
【略歴】京都大学大学院工学研究科,名古屋大学大学院医学系研究科修了後,イギリス・ウォーリック大学,フランス国立科学研究所へ留学,日系化粧品会社所長代理・フランス系化粧品会社マネージャを経て,2018年より日本医科大学付属病院形成外科講師,現在同教授
【受賞歴】第11回世界毛髪研究会議(国際毛髪会議)最優秀賞(口頭発表部門),バルセロナ(スペイン),2019年など

男性型脱毛症(AGA)にミノキシジルが有効であるという話を聞いたものの、「本当に効果はあるのか?」「副作用はないのか?」など気になる人は多いと思います。

ミノキシジルは、AGA治療に対する有効性について様々な研究が進んでおり、多くの論文やガイドラインが発表されています。

この記事ではそういった信頼できる情報をもとに、ミノキシジルの作用や副作用、AGAへの有効性、効果を高める方法などについて解説します。

ミノキシジルとは?

「ミノキシジル」とは、一体どのようなものなのでしょうか?

ミノキシジルは薬の名前ではなく、AGA治療薬などに含まれる医薬品の一般的名称および成分名です。もとは高血圧治療の血圧降下剤としてアメリカで承認された薬でしたが、臨床試験の段階で多毛の副作用が発現したため、外用発毛剤としての開発が進められました。

アメリカではアップジョン社がミノキシジル濃度2%の外用薬を開発し、1988年にFDA(アメリカ食品医薬品局)に承認されました。日本では1999年に一般用医薬品としてミノキシジル濃度1%の外用薬が承認されています1)

現在では、様々なドラッグストア・薬局などでミノキシジルを含んだ発毛剤が販売されています。ただ、日本ではミノキシジルの濃度規制があり、市販薬では濃度が1%〜5%までの商品しか販売されていません。

医師による診断や処方が必要となる医療用医薬品には、5%以上のミノキシジルが含まれている外用薬もあるようです。

1)小友進, ミノキシジルの発毛作用について. 大正製薬(株)セルフメディケーション開発研究所. 2002.

ミノキシジルはAGAに対して効果がある?

ミノキシジルはAGAに対して本当に効果があるのでしょうか?ここでは、日本皮膚科学会の「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」2)でも推奨されている、ミノキシジル外用薬の効果について解説します。

2)眞鍋求, 坪井良治, 板見智 他, 男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版. 日皮会. 2017, 127, 2763–2777.

ミノキシジルの効果

ミノキシジルの効果としては、血管拡張作用や発毛・育毛促進などがあるとされています。発毛効果が認められていることから、ガイドライン2)ではAGAに対してミノキシジルの外用を行うよう強く勧められています。

このガイドラインでは、AGAの男性被験者924名を対象に2%ミノキシジル液を用いて行われたシステマティックレビューにて、24週間の観察期間において「2%ミノキシジル群ではプラセボ群に比べ、脱毛部の総毛髪数がベースラインより平均で20.90本と有意に増加した」という成果が掲載されています3)

ミノキシジルは毛髪を増やしAGAによる薄毛を改善できる可能性があるのです。

3)Gupta AK, Charrette A: Topical minoxidil: Systematic review and meta-analysis of its efficacy in androgenetic alopecia, Skinmed, 2015; 13: 185―189

ミノキシジルの濃度による効果の違い

市販では1〜5%のミノキシジルを配合した外用薬が販売されていますが、濃度によって効果に違いはあるのでしょうか?

ガイドライン2)には、ミノキシジルの濃度が高いほど発毛効果も高くなるというデータが報告されています。その内容としては、AGAの男性300名を対象に行われた試験4)で、1%または5%のミノキシジルを24週間投与し非軟毛数を比較したところ、1%ミノキシジル群で平均21.2本、5%ミノキシジル群で平均26.4本増加したというものです。

また、AGAの男性393名を対象とした観察期間48週の試験5)でも、非軟毛数が2%ミノキシジル群で平均12.7本、5%ミノキシジル群が平均18.6本増加していることが確認されました。

これらの試験では、1%よりも5%が、2%よりも5%ミノキシジルのほうが高い効果が得られており、濃度が高いほどAGAを改善する効果が期待できるということがわかります。ただ、5%を超える濃度のミノキシジル外用薬は、効果とともに副作用のリスクも高まるため、AGA専門クリニックなどで診断・処方を受けるのがよいでしょう。

4)Tsuboi R, Arano O, Nishikawa T, Yamada H, Katsuoka
K: Randomized clinical trial comparing 5% and 1% topical minoxidil for the treatment of androgenetic alopecia in Japanese men, J Dermatol, 2009; 36: 437―446

5)Olsen EA, Dunlap FE, Funicella T, et al: A randomized clinical trial of 5% topical minoxidil versus 2% topical minoxidil and placebo in the treatment of androgenetic alopecia in men, J Am Acad Dermatol, 2002; 47: 377-385

ミノキシジルの内服薬は有効?

ここまではミノキシジルを含んだ外用薬について解説してきましたが、ミノキシジルを含む薬には外用薬だけでなく内服薬もあります。このミノキシジルを含む内服薬はAGAに対して有効なのでしょうか?

ガイドライン2)では、ミノキシジルの内服は勧められていません。推奨度はDであり、「ミノキシジルの内服を行うべきではない」と書かれています。

ガイドラインではその理由として、ミノキシジル内服の有用性に関して臨床試験は実施されていないことに加え、「内服用製剤の添付文書中の市販後調査欄に、 胸痛、心拍数増加、動悸、息切れ、呼吸困難、うっ血性心不全、むくみや体重増加などの重大な心血管系障害が生じるとの記載がある」と説明されています。

日本だけでなく、国外においてもAGAの治療薬としてミノキシジルの内服薬を認可している国はないので、個人輸入や自己判断で使用することは避けましょう。

内服でも少量であれば問題ない?

上で説明したように、ミノキシジルの内服薬は副作用が出る可能性がありますし、認可されていません。しかし、AGAに対する有効性と安全性が確認できたとする研究もあります。

この研究6)では、AGAの男性30名に対して24週間にわたって経口ミノキシジル(5mg)を用いて治療を行ったところ、12週および24週の時点で総毛数が有意に増加したことが確認されています。そして副作用についても、多毛症と足のむくみといった症状が出たものの、深刻な心血管系の有害事象などは観察されなかったということです。

このように、少量のミノキシジルの内服では、発毛効果が得られ危険な副作用が起こらない可能性もあります。ただ、1つだけの研究ですし必ずしも副作用が出ないとは限らないため、利用しない方がよいかもしれません。どうしても利用したい場合は医師に相談してください。

内服薬はミノキシジル以外にも様々なものがあります。AGAによる薄毛を改善する飲み薬については、以下の記事で詳しく説明しています。

医師が手に持ったたくさんの薬
【ドクター監修】薄毛治療の飲み薬とは?その種類と効果を徹底解説! 近年、男性型脱毛症(AGA)の病態解明が進み、薄毛治療に有効な飲み薬が開発されています。これらの薬は、皮膚科やAGA専門クリニックで病...

6)Ratchathorn Panchaprateep, Suparuj Lueangarun, Efficacy and Safety of Oral Minoxidil 5 mg Once Daily in the Treatment of Male Patients with Androgenetic Alopecia: An Open-Label and Global Photographic Assessment.2020 Sep 24.

ミノキシジルがAGAに効果を及ぼす仕組み

ミノキシジルがAGAに効果を及ぼす仕組み

ミノキシジル外用薬の塗布がAGAに効果的なことはわかりましたが、どのようなメカニズムでAGAに作用しているのでしょうか?ここではAGAによる薄毛に対して、ミノキシジルが効果を及ぼす仕組みを解説します。

ヘアサイクルを正常化させる

ミノキシジルにはヘアサイクルを正常化させるという作用があります。

髪の毛は、成長期・退行期・休止期というヘアサイクルを繰り返して生え変わっていますが、AGAでは成長期が短縮して休止期に留まる毛包が多くなります。成長期が短くなることで細く短い髪の毛が増加し、脱毛するまでの間隔が狭まることで薄毛が進行します。

ミノキシジルには、短縮された成長期をもとに戻したり、休止期にある毛包を成長期に移行させたりする作用があります。小友進先生の論文1)では、「ミノキシジルの発毛効果の本質は成長期期間の延長による矮小化毛包の改善である」と記述されています。ミノキシジルを塗布することでAGAで短縮された成長期が長くなり、乱れたヘアサイクルを正常化できるのです。

ヘアサイクルを正常化することで毛髪が太く長く成長しやすくなり、AGAによる薄毛の改善が期待できます。

発毛因子の産生

ミノキシジルには、発毛因子を生み出す働きがあります。

小友進先生の論文7)では、「ミノキシジルはFGF-7を産生増強する」と説明されています。FGF-7には、毛包の退行期への移行を阻害して成長期を維持する作用があります。

また、血管新生因子であるVEGFの産生を促進するとも説明されています。毛乳頭には血管が入り込んでいますが、VEGFによって増殖させることができるのです。

ミノキシジルの外用では、FGF-7やVEGFなどの因子の産生によって育毛や発毛の促進ができ、AGAによる薄毛を改善できると考えられます。

7)小友 進, 毛髪再生とアンチエイジング. Drug Delivery System. 2009, 24, 109-116.

カリウムイオンチャネルの開口

ミノキシジルには、カリウムイオンチャネルを開口させる作用があります。カリウムイオンチャネルは、細胞膜にあるカリウムイオンを通過させる働きを持ち、毛乳頭細胞の発毛促進につながるトリガーです。これが開口することで、毛乳頭細胞が発毛を促し、AGAの症状を緩和する効果が期待できます。

また、アンファー株式会社と日本医科大学形成外科の共同研究では、ミノキシジルだけでなく振動圧刺激のような物理的な刺激によってもカリウムイオンチャネルの開口が起こることがわかっています。だからこそ、ミノキシジル投与と振動圧刺激を同時に行うことで、相乗的に発毛効果を高められる可能性があります。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルにはAGAに対する効果があるものの、副作用が出ることもあります。ミノキシジルを利用する前に、どういった副作用があるのかを確認しておきましょう。

皮膚症状

ミノキシジル外用薬を塗布することで、皮膚症状の副作用が出る可能性があります。ガイドライン2)ではミノキシジルの有害事象として、男女を通して瘙痒(かゆみ)、紅斑、落屑(フケ)、毛包炎、接触皮膚炎、顔面の多毛などが報告されています。

副作用の出現率については、「瘙痒、接触皮膚炎といった皮膚症状の出現率は5%ミノキシジル群で6%と、2%ミノキシジル群(2%)、プラセボ群(3%)より高かった」と説明されています。つまり、ミノキシジルの濃度が高いほど、副作用の出現率が上がる可能性があります。

ただ、ミノキシジル外用による有害事象は、必ずしもミノキシジルだけの作用によるとは言えないとも記載されています。

使用開始直後の初期脱毛

ミノキシジル外用薬を使い始めると、しばらく経ってから一時的に脱毛がみられるケースがあります。ガイドライン2)でも、「男女ともにミノキシジル外用初期に休止期脱毛がみられることがあり」と説明されています。

先ほど解説したように、ミノキシジルにはヘアサイクルにおける休止期から成長期への移行を促進する作用があります。この作用によって、休止期の状態にあり成長の止まっている髪の毛が通常よりも早く抜け落ちることで、初期脱毛が起こります。

初期脱毛は、AGAによる薄毛を改善するために必要な現象なので過度に心配する必要はないでしょう。ただ、長期にわたって抜け毛が続く場合は、医師などに相談しましょう。

AGAにミノキシジルを利用する場合の注意点

AGAにミノキシジルを利用する場合の注意点

AGAにミノキシジルを使うときには、いくつか注意しなければならないポイントがあります。

20歳未満は使用しない

20歳未満の人は、ミノキシジルの外用薬を使わないようにしましょう。

国内において、20歳未満を対象としたミノキシジルの臨床試験は行われておらず、安全性や効果、副作用などについての検証がされていません。使用した場合にどのような副作用・健康被害などが出るかわからないため、20歳未満での使用はひかえましょう。

市販のミノキシジル外用薬の資料にも、20歳未満の場合は使用しないよう書かれています。

用法・用量を厳守する

AGAに対してミノキシジル外用薬を使う際は、製品の用法・用量を厳守しましょう。決められた使用回数や使用量を超えたとしても、高い効果が得られるとは限りませんし、用法・用量を守らないと副作用が出る可能性が高まる可能性があります。

市販のミノキシジル外用薬の説明書にも、「用法・用量の範囲より多量に使用しても、あるいは頻繁に使用しても効果はあがりません」「決められた以上に多く使用しても、効果の増加はほとんどなく、副作用の発現する可能性が高くなります」と記載されています。

市販のミノキシジル外用薬を使用する場合は説明書をしっかり確認し、クリニックなどで処方された場合は医師の指示を厳守しましょう。

海外製品や個人輸入品を使用しない

海外製品や個人輸入品のミノキシジル外用薬は使わないようにしましょう。

海外製品には、国内で販売されている外用薬よりも高濃度のものもありますが、安全性が保証されていない場合があります。濃度の高いミノキシジル外用薬を利用したい場合は、AGA専門のクリニックなどで処方してもらいましょう。

また、こういった製品には偽造医薬品が紛れている可能性があります。表示されている成分が含まれていなかったり、思わぬ副作用が生じたりする可能性があるので、必ず厚生労働省の認可を得ている薬を使用しましょう。

継続して使用する

ミノキシジルの外用薬を使ってAGAによる薄毛を改善するには、継続して使用することが重要です。ミノキシジルの効果は、数か月〜半年以上継続的に使用して実感できるケースが多いです。

市販薬であるリアップX5(ミノキシジル5%製剤)の長期投与試験では、使用開始から4週間後には軽度改善(軽微な毛髪成長)がみられるようになり、8週間後には被験者の1割以上に、12週間後には6割近く、24週後からは9割以上に改善がみられたという結果が出ています。

このように、ミノキシジルの効果を実感するには最低でも4週間~24週間ほど継続する必要があります。

ミノキシジルの効果を高める方法

ミノキシジルの効果を高める方法

ミノキシジルの外用薬を使用することで、発毛やAGAによる薄毛改善などの効果が期待できますが、その他の方法をあわせて行うことで、より高い効果を得られる可能性があります。ここではその方法について解説します。

内服薬と併用する

ミノキシジル外用薬の効果を高めるには、内服薬と併用するのがよいです。フィナステリドやデュタステリドなどの成分が含まれている内服薬を併用することで、よりAGAを改善できる可能性があります。

フィナステリドとデュタステリドはAGAの進行を抑えて改善する効果が認められており、ガイドライン2)でも使用が推奨されています。

McMichael氏によると、AGAの治療はフィナステリドと5%の局所ミノキシジルを組み合わせて行うことがほとんどとされています

AGAによる薄毛を改善したいなら、ミノキシジルとともに内服薬の服用も検討しましょう。

皮膚科や専門クリニックを受診する

ミノキシジルの効果を高めてAGAを改善するには、自分だけで対策を行うのでなく医療機関に相談するのも有効です。AGAを治療するには専門知識が必要であり、市販のミノキシジル外用薬を使っただけでは改善が難しい場合もあります。

皮膚科や専門クリニックなどの医療機関なら、専門の医師による診断が受けられますし、AGAの症状や進行度に合った効果的な治療法を提案してもらえます。濃度の高いミノキシジル外用薬やAGAを改善する内服薬など、個人では手に入れられない医療用医薬品の処方も受けられるでしょう。

最新の機器によるAGA治療を受けられるクリニックもあるため、より効果的にAGAの進行を抑えられるでしょう。

AGAと診断されたらなるべく早く使用を開始する

ミノキシジルの効果を高めるためには、AGAが起こっていることが判明したら早めに使用を開始するのがよいです。

東京医科歯科大学の研究グループの発表によると、薄毛や抜け毛は加齢によっても進行します。

AGAによる薄毛が進行してしまうと、ミノキシジルの外用薬だけでは薄毛を改善できなくなる可能性があります。また、薄毛が進行して毛根や毛乳頭細胞が死滅すると再び髪が生えることはなく、ミノキシジルなどの薬を使っても発毛効果を得ることが難しくなってしまいます。

そのため、AGAだとわかったら早めにミノキシジルを使って対策を始めるのが重要です。

頭皮環境を清潔に保つ

ミノキシジル外用薬の効果を高めるには、頭皮環境を清潔に保ちましょう。

ミノキシジルは、頭皮の毛根に浸透することで効果を発揮します。頭皮の毛穴に皮脂や汚れが残っていると、成分が毛根に行き渡りにくくなり効果が十分に得られなくなる可能性があります。

また、頭皮環境が清潔でないと脂漏性皮膚炎を引き起こす恐れがあります。脂漏性皮膚炎が悪化すると、抜け毛の増加を招く脂漏性脱毛症につながる可能性もあるため注意が必要です。

1日1回はシャンプーをして頭皮を洗浄し、清潔に保ちましょう。

非接触振動圧刺激装置を利用する

ミノキシジルの効果を高めるには、非接触振動圧刺激装置という機器を利用するのも有効です。

非接触振動装置とは、超音波によって非接触で頭皮に振動圧刺激を与える装置のことです。ピクシーダストテクノロジーズと日本医科大学形成外科教室・Dクリニックが共同で行った研究では、超音波を用いて非接触で頭皮に振動圧刺激を与える技術により発毛を促進することが認められました。発毛治療に使用する塗り薬と併用することで、通常よりも早いスピードでの発毛が期待できます。

臨床試験では、非接触振動圧刺激を頭皮に週1回、20分間照射することによって成長期毛割合が増加し、休止期毛割合が減少することが確認されています。

非接触振動圧刺激装置は、薄毛・AGA治療を行っているDクリニックで試験的に導入されています。

ミノキシジルによるAGA治療の費用イメージ

ミノキシジルの外用薬は、AGA専門クリニックやドラッグストアなどで手に入れることができますが、どれくらいの費用がかかるのでしょうか?ここでは、ミノキシジル外用薬によるAGA治療の費用感について解説します。

AGAクリニックでの費用例

AGA専門クリニックでミノキシジル配合の外用薬を使った治療を受ける場合、費用相場は1ヵ月あたり10,000円〜20,000円ほどです。ただし、クリニックの治療ではミノキシジルの外用薬だけでなく、内服薬と併用するのが一般的です。

ここでは、いくつかのAGA専門クリニックでミノキシジル外用薬が含まれている治療プランと費用例を調査しました。

病院名 治療内容 費用
Dクリニック 抜け毛の抑制+発毛(複数の内服薬+サプリメント+ミノキシジル外用薬) 16,500〜35,200円/月
AGAヘアクリニック 発毛(デュタステリド配合内服薬+ミノキシジル配合内服薬+ミノキシジル外用薬) 22,800円〜31,000円/月
イースト駅前クリニック 新宿西口店 ミノキシジル外用薬のみ 5,500円/月
AGAスキンクリニック 発毛(ミノキシジル内服薬+フェナステリド内服薬+サプリメント+ミノキシジル外用薬) 38,500円/月
ウィルAGAクリニック オリジナル発毛薬(ミノキシジル・フィナステリド・毛髪ミネラル・ビタミンなどを配合)を使った抜け毛予防+発毛 18,000/月

※2022年6月時点

使用されるミノキシジル外用薬の濃度や詳しい金額などは、各クリニックにてご確認ください。

市販薬の価格例

ドラッグストアなどで市販されているミノキシジル外用薬の費用目安は、3,000〜9,000円ほどです。ミノキシジルが含まれている市販の外用薬としては、以下などがあります。

  • スカルプD メディカルミノキ5
  • リアップX5
  • ミノファイブ
  • ミノグロウ
  • リグロEX5
  • ミノアップ
  • ミノキシジルローション5%「JG」

これらの市販薬には5%ミノキシジルが配合されていますが、より高い濃度の外用薬が必要な場合は、AGA専門クリニックなどに相談しましょう。

AGA治療薬の費用については以下の記事で詳しく説明しています。

agaの治療費用
AGAの治療費用はいくら?月ごと・治療法ごとの費用相場を紹介男性型脱毛症(AGA)の発症によって「前髪の生え際の後退が気になる」「頭頂部が薄くなってきた」と悩んでいる方の中には、AGAの治療を検討...

まとめ:AGA治療はミノキシジル外用薬と複数の治療法を併用する

ミノキシジルには血管拡張作用や発毛・育毛促進などの効果があります。

頭皮に塗布することでヘアサイクルの正常化や発毛因子の産生、カリウムイオンチャネルの開口などを起こすことからAGAの治療にも有効だと考えられており、ガイドライン2)でも推奨されています。

ミノキシジルを配合した外用薬はドラッグストアなどで購入することもできますが、市販薬には濃度規制があるので1〜5%までの製品しか販売されていません。より高い濃度の外用薬を使いたい場合は、AGA専門のクリニックなどに相談しましょう。

AGA専門のクリニックなら、内服薬や最新の機器などによる治療も受けられるので、ミノキシジル外用薬の効果を高められる可能性があります。

SNS

haircare__lab
“髪の健康”をテーマにしたドクター監修のヘアケアメディアです。
最新の技術紹介を交えながら、頭皮・頭髪の悩みをサポートします。

\FOLLOW ME/