頭皮ケア

【ドクター監修】20代のメンズがすべき頭皮ケアとは?薄毛・抜け毛の原因と予防法を解説

髪を分ける男性
監修ドクター
高田弘弥
日本医科大学形成外科学教室・抗加齢予防医学講座教授 医学博士・工学博士
【略歴】京都大学大学院工学研究科,名古屋大学大学院医学系研究科修了後,イギリス・ウォーリック大学,フランス国立科学研究所へ留学,日系化粧品会社所長代理・フランス系化粧品会社マネージャを経て,2018年より日本医科大学付属病院形成外科講師,現在同教授
【受賞歴】第11回世界毛髪研究会議(国際毛髪会議)最優秀賞(口頭発表部門),バルセロナ(スペイン),2019年など

20代のメンズであっても、薄毛や抜け毛が気になり頭皮ケアを始める人はたくさんいます。あなたも20代になって、「昔と比べて髪が薄くなってきたような気がする」「将来薄毛にならないか不安」と感じていませんか?

そんなとき、「うちは薄毛の家系だから」「遺伝だから仕方ない」と20代で諦めてしまうのはもったいないかもしれません。薄毛・抜け毛の原因を知り、早めに適切な頭皮ケアや予防をすれば、将来の症状の進行を抑えられる可能性はあります。

この記事では、薄毛・抜け毛が起こる原因とともに、20代から頭皮ケアをすべき理由やおすすめの頭皮ケアのやり方を解説していきます。

【調査結果】20代でも頭皮ケアをしている?

頭皮ケアは20代でも始めるべきでしょうか?20代のうちに頭皮ケアを始めている男性がどれくらいいるかを調べてみました。

有限会社GM CORPORATIONが全国20~40代の男性508人に対して実施した調査では、「何歳頃から頭皮のことが気になりはじめましたか?」という質問に対し、「20歳~30歳未満」と回答した人が全体の30.1%を占める結果となりました。さらに、13.2%の人が10代までに頭皮を気にしていました。

このように、頭皮を気にしている10代~20代は多いものの、「頭皮ケアをしていますか?」という質問に対しては、69.1%の男性が「していない」と回答しています。つまり、頭皮のことが気になっているにもかかわらず、頭皮ケアをしていない男性が約7割もいるのです。

ただし、頭皮ケアを行っている男性は少ないですが、将来の薄毛リスクを減らすのであれば、20代のうちからケアを始めておくとよいです。

20代メンズが頭皮ケアをすべき理由

人差し指を立てる医師

なぜ、20代という若いうちから頭皮ケアを行うべきなのでしょうか?ここでは、20代メンズが頭皮ケアをすべき理由を4つ紹介します。

20代でも薄毛は進行する

20代という若さであっても薄毛が発症・進行する可能性があるため、早くから頭皮ケアを行うべきです。

日本皮膚科学会が発表した「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」によると、日本人男性の男性型脱毛症(AGA)は、20代後半から30代にかけて薄毛の症状が出始め、その後徐々に進行していくようです。

また、AGAの発症頻度については、以下のように記載されています。

  • 20代:約10%
  • 30代:20%
  • 40代:30%
  • 50代以降:40数%

このように、20代でも約10%の頻度でAGAを発症し、それ以降も年齢を重ねるごとに発症率が高まっていきます。だからこそ、20代という若いうちから早めに対策することが重要なのです。

頭皮環境の悪化は薄毛の原因に

頭皮環境の悪化は薄毛の原因になります。日本皮膚科学会のガイドラインでは、AGAの発症・進行には遺伝的要因が大きく関与しているとされています。さらにヘアメディカルグループの発表によると、AGAの発症に影響する遺伝率は81%とされていますが遺伝以外の残り“19%”の要因、すなわち環境因子などの影響も無視できないと考えられています。

環境因子として、頭皮環境の悪化によってもAGAが進行する可能性があります。大正製薬株式会社と明治薬科大学薬学部が行った共同研究では、AGA患者の頭皮には皮脂成分であるトリグリセリドやアクネ菌、マラセチア属菌が多いことがわかりました。つまり、頭皮の皮脂や細菌もAGAを進行させる可能性があるのです。

また、皮脂の過剰分泌や汚れの蓄積などにより頭皮環境が悪化すると、薄毛の原因となる脂漏性皮膚炎を引き起こす恐れがあります。だからこそ、薄毛を防ぐためにも頭皮のケアが欠かせないのです。パーマやカラーも頭皮に強い刺激を与える薬剤が使われるので、頭皮環境を悪化させ薄毛を進行させる可能性があるので注意しましょう。

20歳を超えると頭皮の健康状態が低下

20代は若い世代ですが、20歳を超えると頭皮の健康状態が低下するといわれています。

株式会社マンダムが行った調査では、男性は20代から30代になると地肌の健康状態が急激に低下することが明らかになっています。その原因として考えられているのは、紫外線やドライヤーの熱、物理的刺激などによる頭皮へのダメージの蓄積です。

また、資生堂の調査によると、皮脂量のピークをむかえるのは20代で、男性は女性よりも約2倍以上の皮脂を分泌していることがわかりました。

皮脂の過剰分泌は頭皮トラブルや薄毛の要因となるため、男性は皮脂の分泌量が多い20代のうちから頭皮ケアをする必要があります。

20代のうちに頭皮ケアを行うことで薄毛・抜け毛の予防に

20代のうちから頭皮ケアを始めることで、将来的なAGAの発症・進行を抑えられる可能性があります。

AGAを発症・進行する遺伝以外の要因として、ストレスによるホルモンバランスの乱れや、生活習慣による栄養不足、血行不良、頭皮環境の悪化などが挙げられます。頭皮ケアを行うことでこれらの要因を改善できる可能性があるのです。

また、AGAの発症リスクは年齢とともに上がっていくため、薄毛・抜け毛を予防するためには20代から頭皮ケアに取り組むことが重要です。

具体的な頭皮ケアの方法については、次項で解説します。

【20代からできる】メンズ頭皮ケアの方法

シャワーを浴びる男性

頭皮を気にしている人の約7割がケアをしていませんでしたが、これは頭皮ケアとして何をすればいいかわからないことが要因に挙げられるでしょう。では、どのような頭皮ケアをすべきなのでしょうか。

ここでは、20代からできるメンズの頭皮ケアの方法を紹介します。

1.毛髪の状態をセルフチェック

頭皮ケアをする前に、まずは毛髪の状態をチェックしましょう。セルフチェックをすることで、自分が現在薄毛なのか将来薄毛になるリスクがあるのかを簡易的に判断できます。

日本皮膚科学会のガイドラインでは、男性型脱毛症(AGA)の疾患概念について、「前頭部や頭頂部の頭髪が軟毛化して細く短くなる」「頭髪が皮表に現れなくなる」と記載されています。

そのため、以下の項目に多く当てはまるようなら、「薄毛や抜け毛が進行している」もしくは「将来薄毛になる」かもしれません。

  • 細く短い毛が増えた
  • 以前に比べて抜け毛が増えた(髪が成長途中で抜けている)
  • 額の生え際が後退してきたと感じる
  • 頭頂部の地肌が透けて見えるようになってきた
  • 同世代より髪が薄いと感じる
  • 髪のボリュームが少なくなってきた

このような症状が出ている場合は、頭皮ケアを行い薄毛の予防・改善をしましょう。

2.専門クリニック

20代メンズでも確実な頭皮ケアを行いたい場合には、薄毛治療専門のクリニックを利用しましょう。

薄毛治療を専門とするクリニックであれば、より効果のある頭皮ケアを行ってもらえます。さらに、髪や頭皮の状態をより詳しく調べられます。遺伝子を調べることもでき、症状の出てない20代でも薄毛のリスクがあるかどうかを知ることができます。

最新の機械を使った治療も受けられます。たとえば、薄毛・AGA治療を行っているDクリニックでは、超音波によって非接触で頭皮に振動圧刺激を与える装置が試験的に導入されています。

発毛治療に使用する塗り薬と併用することで、通常よりも早いスピードでの発毛が期待できます。

3.外用薬

メンズの頭皮ケアとして外用薬も有効です。発毛に効果のある成分を含んだ外用薬を塗布することで頭皮をケアします。

毛髪に有効な成分としては、ミノキシジルやアデノシンなどがあります。「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」でも、これらの成分は推奨されています。

ミノキシジルなどを含んだ外用薬は多数市販されていますが、含有量が多いものは専門クリニックでの検査や医師の診断が必要です。

4.頭皮マッサージ

20代のメンズにおすすめの頭皮ケアとして、頭皮マッサージも挙げられます。

Dクリニックが実施した研究では、頭皮マッサージにより毛髪の太さが増大することがわかっています。

また、アンファー株式会社と日本医科大学形成外科の共同研究では、振動圧刺激が発毛促進につながる可能性が高いことが解明されています。

つまり、頭皮マッサージによるケアを行うことで、薄毛の予防や改善につながるのです。頭皮マッサージは比較的手軽にできる方法なので、ぜひ日々のケアに取り入れましょう。頭皮ケアにおすすめのマッサージ機を知りたい方は、以下の記事もご覧ください。

https://media.sonorepro.com/scalp-care-massage-machine/

5.LED

LEDでも頭皮ケアが行えます。LEDを照射する専用のマシンを使って頭皮をケアすることで、発毛効果が期待できます。

日本皮膚科学会のガイドラインでは、LEDおよび低出力レーザーには、発毛効果の有用性を示す十分な根拠があるとされています。さらに適切な機材を使用する場合、AGA治療に利用することを推奨しています。

LEDを使った頭皮ケアができるマシンは市販されていますが、中には効果が定かではない製品もあります。より信頼性の高い効果を求めるのであれば、LEDやレーザーを使った治療が行える専門クリニックを利用するようにしましょう。

6.洗浄・保湿

頭皮環境の悪化は薄毛の原因になるため、洗浄・保湿といった頭皮ケアも行いましょう。1日に1回など適度な頻度で洗髪をすることで、頭皮に溜まった皮脂を落とし清潔に保つことができます。

髪を洗う際は、シャンプーを十分に泡立ててから、頭皮に余分な皮脂が残らないよう丁寧に洗いましょう。ただし、強力な界面活性剤が多く使われているシャンプーは刺激が強く、フケやかゆみなどの頭皮トラブルを引き起こす可能性があるため注意が必要です。

また、頭皮が乾燥すると不足した皮脂を補うために、過剰に皮脂を分泌するようになります。皮脂の過剰分泌は、頭皮環境の悪化や薄毛につながる恐れがあるので、保湿も行いましょう。

【気になる】20代のメンズ頭皮ケアの費用とは?

ここまで紹介した頭皮ケアを行うには、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。20代は特に費用が気になると思います。

以下の表でメンズ頭皮ケアにかかる費用の目安をまとめたので、参考にしてみてください。

頭皮ケアの種類 費用目安
専門クリニック 脱毛予防:3,000~7,000円/月発毛促進:8,000~40,000円/月
外用薬 10,000~15,000円/月
内服薬 3,000~15,000円/月
マッサージ機 5,000~30,000円
LED クリニック:5,000〜10,000円/回市販品:3,000~120,000円

このように、頭皮ケアの方法によってかかる費用には差があります。専門クリニックの場合は予防か発毛かで価格帯は変わりますし、薬での治療も外用薬や内服薬で費用が異なります。

また、頭皮ケア用のマッサージ機は備わっている機能や使われている技術などによって価格が異なるため、自分に必要な機能があるかを照らし合わせて選ぶようにしましょう。LEDは、クリニックで受けられる場合と市販のLED照射機があります。

自身の予算や得たい効果などに応じて、頭皮ケアの方法を選びましょう。

頭皮ケア以外にできる薄毛・抜け毛の予防法

生活改善を指示する医師

薄毛・抜け毛を予防する方法は、頭皮のケア以外にもあります。ここでは、将来の薄毛・抜け毛を予防するための方法を5つ紹介します。

食生活

20代から薄毛・抜け毛を予防するためには、食生活を整えましょう。食生活が乱れていると、髪の毛を成長させるために必要な栄養が不足し、薄毛や抜け毛につながる可能性があります。

髪の毛の成長を促進するためには、タンパク質・ビタミンB・ミネラルなどの栄養が大切です。

また、食生活においては高脂肪なものを摂りすぎないことも重要です。東京医科歯科大学などによるチームが行った研究では、脂肪の多い食べ物の過剰摂取で薄毛や脱毛が促進されることが発表されています。

禁煙

禁煙することも薄毛・抜け毛の予防につながります。「男性型脱毛症と喫煙との関連およびアジア人男性におけるその有病率」という調査では、喫煙をすることで毛髪の成長に欠かせない組織である「毛包」のDNAに、損傷を与える可能性があることが記載されています。

また、タバコに含まれるニコチンには血管収縮作用があり、喫煙により血行不良を招く恐れがあります。血行が悪くなると髪に必要な栄養が行き届きにくくなるため、薄毛や抜け毛につながる可能性があるのです。

いきなり禁煙するのが難しい場合は、本数を少しずつ減らしていくとよいでしょう。

睡眠

薄毛や抜け毛を予防するにあたって、睡眠も重要な要素です。髪や頭皮の新陳代謝は、睡眠中に分泌される成長ホルモンによって行われるため、睡眠時間を確保することは髪や頭皮の健康を保つことにつながります。

Van Cauter E教授が2004年に発表した論文によれば、健常な男性では睡眠中の成長ホルモン分泌の約7割が熟睡中であったと報告されています。そのため、ただ睡眠時間を確保するだけでなく、睡眠の質を高めることが重要です。

たとえば、寝る前のスマートフォンの使用や飲酒を控える、お風呂を寝る数時間前までに済ませるなど、できるだけ深く眠れるように心がけましょう。

ストレス

ストレスも毛髪や頭皮環境に大きな影響を与えます。科学情報誌「Nature」に掲載された「幹細胞:ストレスが発毛に影響を及ぼす仕組み」という論文によれば、ストレスホルモンはマウスの毛をつくる毛包幹細胞の活性を阻害し、発毛を抑制してしまうことがわかりました。

同時に、ストレスホルモンが枯渇すれば、毛包幹細胞は再び活性化することもわかっており、ストレスを減らすことが発毛につながるといえそうです。

また、近畿大学薬学部医学部とリーブ21による共同研究からも、AGAがストレスに起因している可能性があると報告されています。

趣味や娯楽を楽しむ、適度に休むなど、日常的にストレスを減らしていけば薄毛・抜け毛の予防効果が期待できます。

運動

運動をすれば、頭皮を含む体全体の血行が良くなります。血行がよくなることで血流が増え、髪の毛の成長に必要な栄養が行き届くようになります。それだけでなく、薄毛・抜け毛の原因となりうる肥満を防ぐことにもつながります。

科学情報誌「Nature」に掲載された東京医科歯科大学の論文によれば、肥満になるとある種の炎症シグナルが生じて、毛包幹細胞が枯渇することがわかりました。毛包幹細胞は毛をつくる細胞であるため、それが枯渇すれば薄毛を招いてしまう可能性があります。

定期的に運動を行うようにしましょう。

まとめ:メンズの頭皮ケアは20代から

20代の男性でも、薄毛が気になっている人は多くいます。20代という若さであっても薄毛や抜け毛は進行してしまうため、将来的な予防も兼ねて、なるべく早く頭皮ケアを始めるべきです。

ただ、実際に頭皮ケアを行っている人は3割程度です。その原因には、具体的な頭皮ケアの方法を知らないことが挙げられるでしょう。

今回紹介した正しい頭皮ケアを20代という早いうちから行っておくことで、将来の薄毛やAGAを予防したり、遅らせたりできるかもしれません。ぜひ頭皮ケアを始めてください。

SNS

haircare__lab
“髪の健康”をテーマにしたドクター監修のヘアケアメディアです。
最新の技術紹介を交えながら、頭皮・頭髪の悩みをサポートします。

\FOLLOW ME/