頭皮ケア

頭皮マッサージに育毛効果があるって本当?薄毛・抜け毛を予防するための方法やツールを解説

頭皮マッサージを受ける男性

最近抜け毛が増えてきた、親族に薄毛の人がいるなど、将来の薄毛を恐れている人も多いと思います。そんな方は、自分でできる頭皮マッサージによる育毛が気になるのではないでしょうか。

この記事では、論文など信頼できる情報をもとに頭皮マッサージの育毛効果について解説するとともに、具体的なマッサージ方法や頭皮マッサージに役立つツールについて解説していきます。

頭皮マッサージには育毛効果がある?

まず、頭皮マッサージには育毛効果があるのでしょうか?頭皮マッサージの育毛効果については、以下のような研究でその効果が検証されています。

Dクリニックは物理刺激が毛乳頭細胞に与える影響を検討するために、市販の家電製品の頭皮マッサージマシンを利用した研究1)を行いました。その結果、

「マッサージ部位では24週の時点で毛径の有意な増加を確認できた」「頭皮をマッサージすることによって、毛の本数や伸びに変化は見られなかったものの、毛髪の太さが増大することが確認された」という報告がされています。

ほかにも、ピクシーダストテクノロジーズと日本医科大学形成外科教室・Dクリニックが共同で行った研究では、超音波を用いて非接触で頭皮に振動圧刺激を与える技術により発毛を促進することが認められました。

発毛治療に使用する塗り薬と併用することで、通常よりも早いスピードでの発毛が期待できます。

これらの研究から、頭皮マッサージや振動圧刺激には毛髪を太くしたり、外用薬の発毛効果を高めたりといった育毛効果が期待できることがわかります。若いうちから頭皮マッサージに取り組めば、将来の薄毛対策ができる可能性があるのです。

1)小川令,男性型脱毛症患者を対象とした非接触集束超音波照射によるミノキシジル外用薬の発毛効果を高める可能性の検討,2021

頭皮マッサージの育毛効果はなぜ起こる?

拡大した毛髪のイラスト

頭皮マッサージの育毛効果に関する研究を紹介しましたが、頭皮マッサージでなぜ育毛効果が起こるのでしょうか?

研究によって、頭皮マッサージに育毛効果があるとされる主な要因として、「遺伝子の発現」「イオンチャンネルの開口」という2つの可能性が示唆されています。

遺伝子の発現

Dクリニックの研究1)では、24週にわたる頭皮マッサージで毛径が太くなることがわかりましたが、その仕組みとしては以下のような可能性が示唆されています。

「そのメカニズムとして、毛髪の成長をコントロールする毛乳頭へ伝わった力学的刺激が毛周期に関与する遺伝子の発現に影響を及ぼしている可能性を示した」とされています。また、「伸展刺激下で培養したヒト毛乳頭細胞において、毛周期に関連する遺伝子(BMP4, Noggin, SMAD4)の発現増加と、脱毛を誘導するIL6の発現抑制を確認した」と記載されています。

つまり、頭皮マッサージを行うことで毛周期に関与する遺伝子が発現しやすくなり、脱毛を誘導する遺伝子の発現を抑えることができる可能性があるのです。

イオンチャネルの開口

日本医科大学付属病院形成外科 講師である高田弘弥氏の研究では、以下のことが明らかになりました

「ミノキシジルは発毛促進につながるトリガーとして毛乳頭細胞のカリウムイオンチャネル開口を起こすが、振動圧刺激によっても同様に開口が起こる。ミノキシジル投与と振動圧刺激を同時に行うと相乗的に発毛効果を高める可能性が高いことが見出せた。」と記載されています。

振動圧刺激を与える頭皮マッサージを行うとともに、ミノキシジルも同時に塗布することで発毛効果が高まると考えられます。

育毛効果が得られる頭皮マッサージ法とは?

頭皮マッサージには育毛効果が期待できることがわかりましたが、ではどのようなマッサージを行えばいいのでしょうか?ここでは、振動圧刺激を利用した頭皮マッサージ法を紹介します。

川島式ヘアメディカルマッサージ

振動圧刺激が発毛促進につながる高い可能性が見出されたことから開発されたのが、推奨頭皮マッサージ方法である「川島式ヘアメディカルマッサージ」です。この頭皮マッサージは、日本コスメティック協会認定指導員 小田芙美子先生によって開発されたもので、下記の動画でわかりやすく解説されています。

川島式ヘアメディカルマッサージYouTube

簡単な流れは以下となります。

  1. 洗髪後、タオルドライしてからミノキシジルを塗布
  2. 百会のツボ(両耳に親指を入れ両方の手のひらで頭を覆うようにしたときに中指が合わさる点)を、両手の中指を重ねて3回プッシュ
  3. 四神聡(百会から指2本分前後左右に離した4か所)のツボを中指で3回プッシュする
  4. 角孫(耳の一番上の位置の頭側)のツボに親指を置き、残りの四指で頭頂部から下へ4ヶ所プッシュする
  5. 同じ4ヶ所を、上から順に四指を回しながら頭皮のマッサージをする
  6. 角孫のツボに親指を置き、生え際の真ん中から耳側に向かって四指でプッシュする
  7. 同じ4ヶ所を、上から順に四指を回しながら頭皮のマッサージをする
  8. 頭全体で指の位置を移動しながら、五指で大きく指を回してマッサージする
  9. 頭全体で指の位置を移動しながら、親指と三指で頭皮をはじく
  10. 両方の手のひらで側頭部を包み込むようにしてプレスする
  11. 両方の手のひらで生え際・頭頂部を包み込むようにしてプレスする

行うときには、指の腹に力が入るように刺激を与え、髪の毛だけを動かすのでなく頭皮を動かすように意識しましょう。「川島式ヘアメディカルマッサージ」を行うことで、ミノキシジルの育毛・発毛効果の向上が期待できます。

マッサージ器による頭皮マッサージ

Dクリニックの研究1)でわかったように、振動圧刺激による頭皮マッサージができる機器を利用すれば育毛効果が期待できます。頭皮を揉む動きや振動をするマッサージ器によって頭皮に振動圧刺激を与えることで育毛を促せるのです。

また、LEDを照射する機能がついた頭皮マッサージ器にも育毛効果があることがわかっています。日本皮膚科学会の「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版」には、男性型脱毛症に対して「LED及び低出力レーザー照射を行うよう勧める」と書かれています。振動圧刺激を与えると同時に、LED照射機能もついたマッサージ器を利用すれば育毛効果が期待できるでしょう。

こういった頭皮マッサージ器については、以下の記事でより詳しく解説しているので参考にしてください。

頭皮マッサージ時のポイント

両手で頭を抱える男性

頭皮マッサージを行うときには、以下のポイントを押さえて行いましょう。

頭皮マッサージは短時間でよい

マッサージによる育毛効果は短時間でも得られます。Dクリニックの研究では、頭皮マッサージマシンを使用して毎日4分の頭皮伸展マッサージを24週間行ったことで毛径の増加が確認できました。

1日4分程度のマッサージでも育毛効果が得られるのです。逆に長時間マッサージを行ったからといって、その分育毛の効果が高まるとは限りませんので注意しましょう。

爪を短くした状態で行う

頭皮マッサージを行う際は、爪を短くしておきましょう。基本的に、自分の手で行う頭皮マッサージは爪を立てず指の腹を使って行いますが、爪が長い状態だと頭皮に引っかかって傷を付けてしまう可能性があります。傷が炎症やニキビの原因となり、頭皮環境を悪くするかもしれません。

また、長い爪には汚れや細菌などが付着する可能性がありますので、頭皮に付けた傷をさらに悪化させることもありえます。爪は短く切っておき、手指も清潔にしてマッサージを行いましょう。

頭皮への負担は軽く

頭皮マッサージを行うときには、頭皮に負担を与えないようにしましょう。赤みが出るほど強い力で押したり、ブラシで叩くようなマッサージを行ったりすると、頭皮にダメージを与えてしまうかもしれません。

肩や首へのマッサージのように強い力は必要ありません。軽い力でマッサージするようにしましょう。

頭皮マッサージをしたほうがよい人とは?

育毛効果を期待できる頭皮マッサージとその方法を説明しましたが、どのような人が頭皮マッサージをすべきでしょうか?今現在は薄毛の兆候がでていなくても、次の条件に当てはまる人は早くから頭皮マッサージによる予防に取り組むのがよいかもしれません。

薄毛の親族がいる人

親族のなかに薄毛の人がいる場合、自身も薄毛を発症する可能性があります。

日本皮膚科学会のガイドラインによると、男性型脱毛症の発症には遺伝が関与するとあり、その割合は約80%とも言われています2)。AGAは薄毛の大部分の原因なので、それだけ遺伝と薄毛の関係は深いことがうかがえます。

ガイドラインでは、「遺伝的背景としてはX染色体上に存在する男性ホルモンレセプター遺伝子の多型や常染色体の17q21や20p11に疾患関連遺伝子の存在が知られている」と説明されており、関係する遺伝子を持っていることで男性型脱毛症が発症する可能性があります。

親族に男性型脱毛症で薄毛の人がいる人は、頭皮マッサージなどで早めに対策を行うのがよいでしょう。

2) Yohei Tanaka, MD, PhD; Toru Aso, MD, PhD; Jumpei Ono, MD; Ryu Hosoi, MD; and Takuto Kaneko, MD,Androgenetic Alopecia Treatment in Asian Men.,2018

抜け毛が増えてきた人

抜け毛の量が増えることも薄毛発症の兆候です。

ガイドラインによると、「前頭部や頭頂部の頭髪が、軟毛化して細く短くなり、最終的には頭髪が皮表に現れなくなる現象である」とあります。軟毛化したあとに脱毛が起こり、頭髪がなくなるのです。

一般的に、1日100本以内の脱毛は正常範囲とされています3)。しかし、この目安以上の本数が連日抜けるようになった場合は、男性型脱毛症や脱毛を引き起こす病気の可能性があります。

シャンプーで髪を洗ったときやブラッシングをしたとき、朝起きて枕を見たときなどに抜けた毛の量が多くなっていないかチェックしてみましょう。

3)髪の健康を考える-美しい髪で過ごすには-,植木 理恵,2013

年齢が高い人

まだ薄毛になっていなくても、年齢が高い人は頭皮マッサージを行ったほうがよいかもしれません。

日本皮膚科学会のガイドラインによると、男性型脱毛症を発症する頻度は「20代で約10%、30代で20%、40代で30%、50代以降で40数%と年齢とともに高くなる」ことがわかっています。

今現在、薄毛になっていないからといって将来もならないとは限りません。特に50代以降は2人にひとり程度はAGAを発症しますので、年齢が高いのに薄毛を発症していないという人は頭皮マッサージを行っておいたほうがよいでしょう。

今のうちに頭皮マッサージを行うことで育毛をし、発症した場合の影響を小さくすることができるかもしれません。

まとめ:頭皮マッサージで薄毛・抜け毛を早めに予防しよう

振動圧刺激を与える頭皮マッサージには、研究結果から育毛効果が期待できることがわかりました。AGAの発症率は年齢とともに高まりますので、薄毛のリスクを抑えるためにも頭皮マッサージは早い段階から行いましょう。

頭皮マッサージを行うときには、今回紹介したマッサージ法やマッサージ器を利用した方法を行ってみてください。最近では超音波によって非接触で振動圧刺激を与えられる装置も開発されています。Dクリニックで試験的に導入されていますので利用してみるのもよいでしょう。

SNS

haircare__lab
“髪の健康”をテーマにしたドクター監修のヘアケアメディアです。
最新の技術紹介を交えながら、頭皮・頭髪の悩みをサポートします。

\FOLLOW ME/