AGA対策

薄毛にはブラッシングが有効って本当?その効果や薄毛を予防する方法を解説!

ブラッシングによる薄毛改善効果

最近抜け毛や薄毛が気になってきたという人のなかには、ブラッシングは薄毛に対して効果があるという情報を聞いたことがある人もいるかもしれません。はたして、ブラッシングで薄毛の予防や改善ができるのでしょうか?

本記事では、ブラッシングの薄毛に対する効果、ブラシの選び方、ブラッシングの方法や注意点、ブラッシング以外の薄毛対策を論文などの信頼性の高い情報をもとに解説します。薄毛対策にブラッシングを始めようと考えている人はぜひ参考にしてください。

ブラッシングで期待できる効果

まず、頭皮や髪の毛に対してブラッシングにはどのような効果が期待できるのかを紹介します。

頭皮の血行促進

ブラッシングをすることで、頭皮の血行を促進できる可能性があります。血行が良くなると髪の成長に必要な栄養素が行き渡りやすくなります。

日本化粧品技術者会誌にある「地肌マッサージの頭皮への作用」1)では、頭皮マッサージに血流促進効果があるという結果が得られています。血流促進が起こる理由としては、「外部刺激の物理的応力が組織中の血管運動神経に効率的に伝わると推察され、血流量上昇といった生体反応が起こりやすいものと考えられる」とされています。

同じようにブラッシングにおいても、ブラシの先が血管運動神経に刺激を与えることができると考えられ、マッサージと同じように血行促進効果があると思われます。

1)曽我 元、森田 康治、新井 賢二,地肌マッサージの頭皮への作用 日本化粧品技術者会誌/48 巻 (2014) 2 号

髪の毛や頭皮の汚れを落としやすくする

洗髪前にブラッシングをすることで、シャンプーの効果をより高められる可能性があります。

ブラッシングによって汚れやほこりを落とせますし、髪や頭皮の汚れを浮かせて取りやすくすることができます。さらに、毛穴のつまりやフケなどの不要な角質を取り除くことができ、清潔な頭皮環境を保つことができます。

また、髪を濡らす前にブラッシングをして髪のもつれを取り除けば、洗髪時に摩擦が起きにくくなり髪への負担を減らすことができます。

髪質の維持・改善

ブラッシングによって髪を保護し、髪質を維持・改善できる可能性があります。

頭皮は皮脂を分泌しています。この皮脂は髪の根元に付着しますが、それをブラッシングによって毛先まで髪全体に行き渡らせることで、髪を皮脂でコーティングできます。コーティングによって髪の摩擦を防げ、髪の表面のキューティクルを守ることができるのです。

日々ブラッシングを行うことで、髪質を維持・改善できます。

薄毛改善効果が期待できるブラシの選び方

薄毛改善効果が期待できるブラシの選び方

薄毛予防や改善の効果が期待できるブラシの選び方を解説していきます。

振動圧を与えられるブラシ

AGA専門のクリニックであるDクリニックによる試験2)では、「市販のマッサージャーを利用した24週にわたる頭皮マッサージで健常男性の毛径が増大することを確認した」という結果が得られています。同じように振動を与えられるブラシを利用すれば、毛径を太くすることができる可能性があります。

振動圧を与えられるブラシとは、ブラシが音波や超音波によって振動するものや、回転したり揉みほぐしたりすることでマッサージができるブラシです。こういったブラシは、頭にあてるだけで一定の刺激を頭皮に与えられます。

ブラシを選ぶときには、信頼できる技術が使われているか、信頼できるメーカーによるものかを確認しましょう。

2)Koyama T, Kobayashi K, Hama T, Murakami K, Ogawa R. Eplasty. 2016 Jan 25;16:e8. eCollection 2016.

LED機能搭載のブラシ

日本皮膚科学会の「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版」3)では、「LED および低出力レーザーの発毛効果に関しては、有用性を示す十分な根拠があり、副作用も比較的軽微であることから、適切な機材を使用して行うよう勧めることにする」と説明されています。

つまり、LEDを照射する機能が搭載されたブラシを使うことで、薄毛の予防・改善効果が期待できるのです。

また、美容皮膚科「ミニョンベルクリニック」の小笠原正弘氏の発表では、超狭帯域の赤色LEDを照射することで育毛・発毛効果が確認できたという記述があります。そのため、LEDの中でも赤色LEDを備えた機器を選ぶといいでしょう。

3) 眞鍋求, 坪井良治, 板見智 他, 男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版. 日皮会. 2017, 127, 2763–2777.

スカルプブラシ

スカルプブラシとは、洗髪時に利用するブラシのことです。シャンプーをするときや洗い流すときに利用します。

スカルプブラシを利用することで、頭皮に刺激を与えながら毛穴の汚れや詰まりを取ることができます。毛穴に汚れが詰まっていると髪に悪影響を与える可能性があるので、スカルプブラシで頭皮を清潔な状態にしておくのがよいでしょう。

スカルプブラシは洗髪時に使うものなので、選ぶ際には抗菌や防水機能があるものを選ぶようにしましょう。

薄毛のケアとしてブラッシングをする際のポイント

薄毛のケアとしてブラッシングをする際のポイント

ブラッシングをする際には、以下のような点に注意しましょう。

清潔なブラシを使用する

ブラシは常に清潔にしておきましょう。

一度使用した後には、ブラシにフケや皮脂などが付着します。こういったフケや皮脂を放置しておくと、ブラシに菌が繁殖してしまうかもしれません。

常在菌のカビであるマラセチア菌が繁殖すると、薄毛の原因となる脂漏性皮膚炎を発症してしまうこともあります。脂漏性皮膚炎は皮脂の過剰分泌が原因で頭皮がべたつく病気で、頭皮環境が悪化し、抜け毛が進行してしまう可能性があるのです。

ブラシを使用したあとには必ず洗浄後に乾燥をさせ、ブラシを清潔な状態にしておいてください。

毛先から優しくブラッシングする

ブラッシングは髪の根元から行うのでなく、毛先から優しく行いましょう。

髪の毛が絡んでいると、根元からブラッシングを行った場合、抜け毛や切れ毛を起こしてしまいます。そのため、最初は絡まりやすい毛先からブラッシングして絡まりをとっていきます。毛先の部分だけをやさしくブラッシングしてから、生え際やこめかみなどの根元から毛先に向けてブラッシングするのがよいでしょう。

毛にブラシが通るようになった後に根元からブラッシングをすることで、頭皮の皮脂を髪の毛に行き渡らせられます。

ブラッシングの回数は抑える

ブラッシングは1日に何回もするのでなく回数を抑えましょう。1日に何度もブラッシングをすると、頭皮や髪を傷つけてしまう可能性があります。頭皮を傷つけると、炎症やフケなどの症状を招くかもしれません。

ブラッシングのタイミングとしては、髪が乾いているシャンプー前や就寝前、起床後などを目安にしてください。特に、濡れている状態の髪など頭皮の皮脂が行き渡らない状態でのブラッシングを控えましょう。

ブラシで頭皮を叩かない

頭皮への刺激が薄毛改善に効果があるからといって、ブラシで頭皮を叩くのは避けましょう。

頭皮を叩いてしまうと、頭皮を傷つけてしまいますし、皮下組織が破壊されてしまいます。それにより頭皮環境が悪化してしまうかもしれません。その結果、髪の毛が育たずに抜け毛を促進してしまう可能性があるのです。ブラシの毛先が与える頭皮への刺激だけで十分です。

ブラッシング以外の薄毛を予防する方法

ブラッシング以外の薄毛を予防する方法

薄毛を予防するためには、様々な方法があります。ここでは、ブラッシング以外で薄毛を予防する方法を紹介します。

頭皮マッサージ

頭皮マッサージを行うことで薄毛を予防できる可能性があります。

上でも説明しましたが、ヘアメディカルグループと日本医科大学形成外科、アンファー株式会社の研究では、振動圧刺激によって発毛が促される可能性が示唆されました。

振動圧刺激を与えられる頭皮マッサージを自分で行えれば、発毛を促し薄毛の予防効果が期待できるのです。振動圧刺激を与えるマッサージは自分の手で行うだけでなく、頭皮マッサージ器を利用するのもよいでしょう。

振動圧刺激を与えて育毛や発毛を行う頭皮マッサージの方法は以下の記事で紹介しています。

頭皮マッサージを受ける男性
頭皮マッサージに育毛効果があるって本当?薄毛・抜け毛を予防するための方法やツールを解説 最近抜け毛が増えてきた、親族に薄毛の人がいるなど、将来の薄毛を恐れている人も多いと思います。そんな方は、自分でできる頭皮マッサージに...

外用薬

外用薬のなかには、薄毛への効果が確かなものがあります。日本皮膚科学会のガイドライン3)において推奨されているのは、ミノキシジルやアデノシンの成分を含んだ外用薬です。

ガイドラインでは、ミノキシジルは「男性型脱毛症に 5%ミノキシジル,また女性型脱毛症に 1%ミノキシジルを外用するよう強く勧める」、アデノシンは「発毛効果に関しては,男性に対する有効性を示す十分な根拠があるため,外用療法を行うよう勧める」とされています。

こういった外用薬を塗布することで薄毛を予防しましょう。

専門クリニック

薄毛やAGAの専門クリニックでは医師による診察を行ってもらえるとともに、それぞれの頭皮や毛髪の状態に合わせた治療を受けられます。

専門クリニックでは、血液検査や遺伝子検査などを行うことで薄毛リスクを調べるとともに、自身に合った薬の処方や治療を行ってもらえます。また、専門クリニックでは最新の研究成果を活用した治療も受けられます。

例えば、AGA専門クリニックであるDクリニックでは、超音波によって非接触で頭皮に振動圧刺激を与える装置を試験的に導入しています。ピクシーダストテクノロジーズと日本医科大学形成外科教室・Dクリニックが共同で行った研究では、超音波を用いて非接触で頭皮に振動圧刺激を与える技術により発毛を促進することが認められました。

このように、専門クリニックで治療を受けることで薄毛を効果的に予防できる可能性があります。

Dクリニックはこちら

まとめ:ブラッシングによるケアで薄毛を予防しよう

ブラッシングをすることで、頭皮の血行促進や髪質の改善ができますし、使用するブラシによっては薄毛を予防・改善するといった効果も期待できるでしょう。

薄毛が気になる、もしくは予防したいという方はまずはブラッシングを試してみてはいかがでしょうか。今回紹介した方法や注意点を参考に、ぜひ毎日ブラッシングを行ってください。

また、ブラッシング以外にも本格的に治療を行いたいという人は専門クリニックがおすすめです。AGA専門のクリニックなどに相談をすることで、より効果的な治療を受けられますし最新の治療を受けることができます。

SNS

haircare__lab
“髪の健康”をテーマにしたドクター監修のヘアケアメディアです。
最新の技術紹介を交えながら、頭皮・頭髪の悩みをサポートします。

\FOLLOW ME/