AGA対策

【ドクター監修】薄毛治療の飲み薬とは?その種類と効果を徹底解説!

医師が手に持ったたくさんの薬
監修ドクター
高田弘弥
日本医科大学形成外科学教室・抗加齢予防医学講座教授 医学博士・工学博士
【略歴】京都大学大学院工学研究科,名古屋大学大学院医学系研究科修了後,イギリス・ウォーリック大学,フランス国立科学研究所へ留学,日系化粧品会社所長代理・フランス系化粧品会社マネージャを経て,2018年より日本医科大学付属病院形成外科講師,現在同教授
【受賞歴】第11回世界毛髪研究会議(国際毛髪会議)最優秀賞(口頭発表部門),バルセロナ(スペイン),2019年など

近年、男性型脱毛症(AGA)の病態解明が進み、薄毛治療に有効な飲み薬が開発されています。これらの薬は、皮膚科やAGA専門クリニックで病状に応じて処方されます。

薄毛治療で飲み薬を服用したことがない人は、「薄毛に対して有効な成分とは何なのか」「どのような飲み薬を利用すればいいのか」「クリニックに行かなくても購入できるのか」「副作用はないのか」などが気になるのではないでしょうか。

この記事では、薄毛治療に有効な成分と信頼できる飲み薬を紹介するとともに、その成分や効果について詳しく解説します。

薄毛治療に用いられる飲み薬とは?

日本皮膚科学会の「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン(2017)」1)で推奨されている薄毛治療の効果がある成分は、フィナステリドとデュタステリドです。

これらの成分には、男性における薄毛の95%を占めるとされている2)男性型脱毛症(AGA)の進行を抑え改善する効果が認められています。薄毛治療には、これらの成分を含む飲み薬を利用するとよいでしょう。これらの成分は複数の臨床試験で有効性や安全性などが確認されているので、治療薬としての信頼性も高いです。

さらに、飲み薬を選ぶ際には厚生労働省の認可も得ている飲み薬を利用するのが安心です。厚生労働省の認可を得ている飲み薬は以下の2つです。

飲み薬成分開発元厚生労働省の承認
プロペシアフィナステリドメルク社(アメリカ)2005年10月11日(万有製薬, 現MSD, 現製造販売承認オルガノン社
ザガーロデュタステリドグラクソ・スミスクライン社(イギリス)2015年9月28日

ここからは、プロペシアとザガーロの飲み薬について、詳しく解説していきます。

1)眞鍋求, 坪井良治, 板見智 他, 男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版. 日皮会. 2017, 127, 2763–2777.

2)安達 健二, 男性型脱毛–その特性と未来像. 順天堂医学. 1992, 37, 572-586.

薄毛治療の飲み薬1.プロペシア

プロペシア

ガイドラインでは、男性型脱毛症(AGA)に対して「フィナステリドの内服を行うよう強く勧める」と書かれています。「フィナステリド」は成分名であり、飲み薬の販売名は「プロペシア錠0.2mg」または「プロペシア錠1mg」です。

プロペシアの働き

プロペシアには、5αリダクターゼII型を阻害する働きがあります。

5αリダクターゼII型とは、テストステロンという男性ホルモンをジヒドロテストステロン(DHT)へ変換する酵素のことです。このDHTが前頭部頭皮の毛乳頭細胞にある「男性ホルモン受容体」と結合すると、頭髪の成長サイクルが抑制されてしまい抜け毛や薄毛につながるのです。

プロペシアの服用によって、テストステロンがジヒドロテストステロン(DHT)に変化することを防ぎ、DHTによって短縮されたヘアサイクルを正常に戻します。これにより、薄毛や抜け毛が次第に改善されます。

プロペシアの成分と組成

プロペシア錠1mgの成分と組成は以下の通りです。

薬品名プロペシア錠1mg
有効成分フィナステリド1mg
うすい赤色
剤形フィルムコーティング錠/錠剤/内用
外形直径:7.2mm/厚さ:3.5mm
添加物3)結晶セルロース、乳糖水和物、部分アルファー化デンプン、デンプングリコー ル酸ナトリウム、ジオクチルソジウムスルホサクシネート、ステアリン酸マグネシウム、ヒプロメロース、ヒドロキシプロピルセルロース、酸化チタン、タルク、三二酸化鉄、黄色三二酸化鉄、カルナウバロウ

3)プロペシアに使用されている添加物は医薬品添加物として認められている成分であり、薬を形作るために使用されています。これらの添加物は薬理作用(生体の何らかの変化)を示さないこと、無害であること、有効成分の治療効果を妨げないことを大前提として使用されています。

プロペシアの効果

プロペシアを服用するとどのような効果を得られるのかを解説します。

太い毛が生えてくる本数が増加する

プロペシアを服用すると、太い毛が生えてくる本数が増加します。

3,927名の男性被験者を対象とした12ヵ月以下の短期発毛評価および24ヵ月以上の長期発毛評価に関するシステマティック・レビュー4)において、薄毛部1cm²あたりの毛髪数は、投与6ヵ月後、投与24ヵ月後のいずれにおいても、フィナステリド投与群が、プラセボ(偽薬)群より有意に増加したと報告されています。

つまり、プロペシアを服用すれば成長期の毛髪の割合を増加させることができるのです。

4)Mella JM, Perret MC, Manzotti M others. Efficacy and safety of finasteride therapy for androgenetic alopecia: a systematic review. Arch Dermatol. 2010, 146, 1141-1150.

長期間の継続で効果が現れる

プロペシアは、長期間飲み続けることでより効果が得られます。

ガイドラインでは以下のように記載されています。

フィナステリド(1mg/日,0.2mg/日)を用いた、414名の「日本人」男性被験者を対象とした観察期間48週間のランダム化比較試験において、頭頂部の写真撮影による効果判定では、1mg/日では 58%が軽度改善以上の効果があり、0.2 mg/日では 54%が軽度改善以上の効果が、引き続き1mg/日投与を継続した非ランダム化比較試験では、2 年間および 3年間の内服継続により、軽度改善以上の効果が各々68%および78%の症例で得られ、その率は増加傾向を示した1)

また、京都遺伝子ゲノム百科事典「医療用医薬品 : プロペシア」(先発品MSD表記オルガノン製の添付文書)には、「3ヵ月の連日投与により効果が発現する場合もあるが、効果が確認できるまで通常6ヵ月の連日投与が必要である。また、効果を持続させるためには継続的に服用すること。」と書かれています。

逆に、内服を中止するとフィナステリドの効果は消失します。このように、最低でも6ヵ月以上、2〜3年以上内服を継続することが大切です。

40歳未満、軽症~中等症に高い効果

プロペシアは40代以上の男性よりも、20〜30代の男性の方が効果を得やすく、重症のAGAよりも、軽症~中等症の方が効果を得やすいことがわかっています。

801名の日本人男性被験者を対象とした観察研究6)において、以下の結果を得られました。

フィナステリド(1 mg/日)5 年間の内服継続により頭頂部と所定の頭皮部位の2ヶ所の写真評価において、発毛効果が99.4%の症例で観察されました。40歳未満の症例、重症度の低い症例ほどフィナステリドの効果が高いことが明らかになりました。

症状が現れたらなるべく早く治療を開始して、飲み薬を継続して服用することで悪化させないことが大切です。

6)吉武敏弘, 武田晃, 大木健作 他, 男性型脱毛症の日本人男性801人におけるフィナステリドの5年間の有効性. 日皮会. 2015, 42, 735-738.

QOLが向上する

フィナステリドの飲み薬を服用すると、QOLが向上したというデータもあります。

27名の男性被験者にフィナステリド1mg/日を用いた6ヵ月間の観察研究7)において、患者の生活の質すなわちQuality of life(QOL)を示すVisualAnalog Scale(VAS)が21.4から44.8に、Dermatology Life QualityIndex(DLQI)が5.74から3.40にと、いずれも改善したとあります。

薄毛の進行を食い止め症状を緩和することで外見上の印象が大きく変わり、QOLが向上するのだと考えられます。

7)Yamazaki M, Miyakura T, Uchiyama M, Hobo A, Irisawa R, Tsuboi R. Oral finasteride improved the quality of life of androgenetic alopecia patients. J Dermatol. 2011, 38, 773-777. 

プロペシアの注意点

プロペシアを服用するときの注意点について解説します。

女性には使用しない

ガイドラインには、女性型脱毛症に対して内服療法を行うべきではないとあります。

女性137人(41〜60歳)にフィナステリド1mg/日を1年間用いたところ、ランダム化比較試験8)において、1cm²あたりの硬毛数はフィナステリド投与群で-8.7、プラセボ群で-6.6といずれも減少し、発毛は増加せずに、薄毛の進行も遅くなりませんでした。

また、ガイドラインでは以下のようにも書かれています。

妊婦に投与するとDHTの低下により男子胎児の生殖器官等の正常発育に影響を及ぼす恐れがあり、妊婦または妊娠している可能性のある女性、授乳中の女性への投与は禁忌である

8)Price VH, Roberts JL, Hordinsky M, Waldstreicher J. et al. Lack of efficacy of finasteride in postmenopausal women with androgenetic alopecia. J Am Acad Dermatol. 2000, 43, 768-776.

日本では20歳未満の使用は注意

海外の臨床試験は、18歳以上の男子に対して行われ、安全性が確認されています。

しかし、国内の臨床試験は20歳以上の男性を対象に行われているため、日本においては20歳未満に対する安全性は確立されていません。

プロペシアに含まれるフィナステリドの副作用

ガイドラインプロペシアの添付文書情報によると、副作用と使用上の注意について以下のように書かれています。

副作用1〜5%未満1%未満頻度不明
【重大】肝機能障害プロペシアは主に肝臓で代謝される。肝機能障害患者を対象とした臨床試験は実施していない。
過敏症そう痒症、じん麻疹、発疹、血管浮腫(口唇、舌、咽喉及び顔面腫脹を含む)
生殖器リビドー減退9)勃起機能不全9)、射精障害9)、精液量減少睾丸痛、血精液症、男性不妊症・精液の質低下(精子濃度減少、無精子症、精子運動性低下、精子形態異常等)10)
肝臓AST上昇、ALT上昇、γ-GTP上昇
その他乳房圧痛、乳房肥大、抑うつ症状、めまい

9)投与中止後も持続したとの報告がある。

10)プロペシアの投与中止後に、精液の質が正常化又は改善されたとの報告がある。

プロペシアの服用に注意が必要な人

肝機能障害患者プロペシアは主に肝臓で代謝される。肝機能障害患者を対象とした臨床試験は実施していない。
妊婦妊婦又は妊娠している可能性のある女性には投与しないこと。
授乳婦授乳中の女性には投与しないこと。プロペシアがヒト乳汁中へ移行するかは不明である。
小児等小児等に対する適応はない。小児等を対象とした臨床試験は実施していない。
高齢者前立腺肥大症患者を対象にした臨床試験(フィナステリド5mg)では、高齢者と非高齢者において副作用の発現割合に明らかな差は認められていない。しかし、一般に高齢者では生理機能が低下しているので注意すること。高齢者における有効性は確立していない。

薄毛治療の飲み薬2.ザガーロカプセル

薬のカプセル

ガイドラインには、AGAに対して「デュタステリドの内服を行うよう強く勧める」と書かれています。「デュタステリド」は飲み薬の成分名であり、販売名は「ザガーロカプセル0.1mg」または「ザガーロカプセル0.5mg」です。

ザガーロカプセルの働き

ザガーロカプセルには、5αリダクターゼI型とII型の両方を阻害する働きがあります。

プロペシアは5αリダクターゼII型にのみ作用するのに対し、ザガーロは5αリダクターゼI型にも作用します。5αリダクターゼI型は側頭部や後頭部、髭や腋毛など全身に分布しており、皮脂の分泌量に影響しています。

ザガーロカプセルの服用によって、ヘアサイクルが正常化するため、薄毛や抜け毛が次第に改善されます。

ザガーロカプセルの成分と組成

ザガーロカプセル0.5mgの成分と組成は以下の通りです。

薬品名ザガーロカプセル0.5mg
有効成分デュタステリド0.5mg
淡橙色不透明
剤形軟カプセル剤
外形直径:約19.3mm/厚さ:約6.6mm
添加物11)中鎖モノ・ジグリセリド、ジブチルヒドロキシトルエン、ゼラチン、グリセリン、酸化チタン、三二酸化鉄、中鎖脂肪酸トリグリセリド、レシチン

11)ザガーロカプセルに使用されている添加物は医薬品添加物として認められている成分であり、薬を形作るために使用されています。これらの添加物は薬理作用(生体の何らかの変化)を示さないこと、無害であること、有効成分の治療効果を妨げないことを大前提として使用されています。

ザガーロカプセルの効果

ザガーロカプセルを服用すると、どのような効果を得られるのか解説します。

毛量が増加する

ザガーロカプセルを服用すると毛量が増加します。

ガイドラインには、4,950名の男性被験者を対象とした観察期間6~60ヵ月、頭髪写真評価で被験者の毛量を比較したところ12)、デュタステリド0.5mg/日内服群は、プラセボ群に対して優れた効果を示したとあります。

ザガーロカプセルを6ヵ月以上服用することで、毛量の増加が期待できるのです。

12)Gupta AK, Charrette A, The efficacy and safety of 5α-reductase inhibitors in androgenetic alopecia: a network meta-analysis and benefit-risk assessment of finasteride and dutasteride. J Dermatolog Treat. 2013, 25, 156-161.

プロペシアよりも毛髪数と毛直径が増加

プロペシアよりも、ザガーロカプセルの方が全毛髪数と毛直径の増加に優れているとのデータがあります。

デュタステリド0.5mg/日とフィナステリド1mg/日を用いて、917名の男性被験者を対象とした国際臨床試験13)を実施したところ、全毛髪数と毛直径の増加については、デュタステリドの方が優れた効果を示しました。

ただ、硬毛数などは有意な差が見られず、両者の効果差については今後さらなる検討を要するとあります

13)Gubelin Harcha W, Barboza Martínez J, Tsai TF others. A randomized, active- and placebo-controlled study of the efficacy and safety of different doses of dutasteride versus placebo and finasteride in the treatment of male subjects with androgenetic alopecia. J Am Acad Dermatol. 2014, 70, 489-498.

太い毛が生えてくる

ザガーロカプセルを服用すると、太い毛が生えてくる本数が増加します。

120名の男性被験者を対象とし、デュタステリド0.5mg/日を用いて観察期間52週間の非ランダム化試験14)を実施したところ、直径30μm以上の非軟毛数、硬毛数、非軟毛直径の直径が52週にそれぞれ13.5/cm²、15.2/cm²、6.5nm増加しました。

また、頭頂部の写真評価では、26週に1.34、52週に1.50といずれもベースラインより有意に毛量が増加しました。

このように、ザガーロカプセルには毛を太くするとともに、新たな毛を増やす効果が証明されています。

14)Tsunemi Y, Irisawa R, Yoshiie H, Brotherton B, Ito H, Tsuboi R, Kawashima M, Manyak M. Long-term safety and efficacy of dutasteride in the treatment of male patients with androgenetic alopecia. J Dermatol.2016, 43, 1051–1058.

ザガーロカプセルの注意点

ザガーロカプセルを服用するときの注意点について解説します。

女性には使用しない

プロペシアと同様に、ガイドラインには、女性型脱毛症に関してデュタステリドの内服療法を行うべきではないとあります。

日本では20歳未満の安全性は未確認

海外の臨床試験は18歳以上の男性に対して行われており、デュタステリドの安全性が確認されています。

しかし、国内の臨床試験は20歳以上の男性を対象に行われているため、日本においては20歳未満に対する安全性は確立されていません。

ザガーロカプセルに含まれるデュタステリドの副作用

ガイドライン添付文書情報によると、副作用と使用上の注意について以下のように書かれています。

副作用1%以上1%未満頻度不明
【重大】肝機能障害、黄疸AST、ALT、ビリルビンの上昇等を伴う肝機能障害や黄疸があらわれることがある。
過敏症発疹蕁麻疹、アレルギー反応、そう痒症、限局性浮腫、血管性浮腫
精神神経系頭痛、抑うつ気分浮動性めまい、味覚異常
生殖系及び乳房障害性機能不全(リビドー減退、勃起不全、射精障害)※投与中止後も持続したとの報告がある乳房障害(女性化乳房、乳頭痛、乳房痛、乳房不快感)精巣痛、精巣腫脹
皮膚脱毛症(主に体毛脱落)、多毛症
消化器腹部不快感腹痛、下痢
その他倦怠感、血中CK増加

ザガーロカプセルの服用に注意が必要な人

肝機能障害患者投与しないこと。ザガーロは主に肝臓で代謝されるため、血中濃度が上昇するおそれがある。
肝機能障害のある患者(重度の肝機能障害のある患者を除く)ザガーロは主に肝臓で代謝される。肝機能障害のある患者に投与した場合の薬物動態は検討されていない。
妊婦女性には投与しないこと。ラット及びウサギにデュタステリドを経口投与した結果、雄胎児の外生殖器の雌性化がみられ、本剤の曝露により血中ジヒドロテストステロンが低下し、男子胎児の外生殖器の発達を阻害する可能性が示唆された。
授乳婦女性には投与しないこと。本剤が乳汁中に移行するかは不明である。
小児等小児等には投与しないこと。小児等に対する適応はなく、小児等を対象とした有効性及び安全性を指標とした臨床試験は実施していない。

薄毛治療の飲み薬を手に入れるには?

薄毛治療の飲み薬は、皮膚科やクリニックを受診して医師に処方してもらいましょう。

AGA治療は保険適用外ですが、脂漏性脱毛症や円形脱毛症などが薄毛の原因の場合などは保険が適用できることもあります。原因を明確にするためにも、医師の診断は必要です。

近年、個人輸入で薄毛治療の飲み薬を手に入れる人がいますが、偽造医薬品も多く危険です。こういった医薬品は、成分が入っていない場合や健康被害を及ぼす場合があります。必ず厚生労働省から認可を得ている飲み薬を服用しましょう。

日本で流通している医薬品は、医薬品医療機器等法に基づいて有効性及び安全性が確認されています。国内ではファイザーをはじめ、沢井製薬や東和薬品なども厚生労働省から承認を得たジェネリック医薬品を製造しています。

薄毛治療の飲み薬を購入するときには、必ず成分や製造元を確認しましょう。

薄毛治療の飲み薬は適切な指示のもと服用

薬の指示を出す医師

薄毛治療の飲み薬は、医師から適切な指示を受けて服用する必要があります。

自分の症状や原因に合った治療を行わなくては、薄毛を改善できない可能性があります。適切な対処をするためにも、早めに皮膚科やクリニックを受診し、原因を突き止めることが大切です。

薄毛専門のクリニックなら、頭皮や血液、遺伝子の検査、医師によるカウンセリングなどが受けられ、薄毛の原因や自分にあった飲み薬を教えてもらえます。早めにクリニックを受診しましょう。

まとめ:薄毛治療の飲み薬で早めに対策を

薄毛治療の飲み薬を利用することで有効な成分を摂取することができ、薄毛を効果的に治療できます。

ただし、薄毛治療の飲み薬は安全で効果が保証されたものを利用しなくてはなりません。個人輸入などを行うのでなく、今回紹介した飲み薬を処方してもらいましょう。

また、薄毛を治療する方法には、飲み薬以外にも様々な方法が生み出されています。下記の記事では、最新の薄毛治療方法について解説していますので、ぜひ参考にしてください。

SNS

haircare__lab
“髪の健康”をテーマにしたドクター監修のヘアケアメディアです。
最新の技術紹介を交えながら、頭皮・頭髪の悩みをサポートします。

\FOLLOW ME/